妊活情報

妊活情報

妊活夫婦の老後資金はいくら必要? 貯金額の目安は? 不妊治療にはいくらかけられる か?

不妊治療とお金は切っても切れない話。若いうちの方が妊娠しやすいけれど、若いうちは貯金も無くて不安。実際に、老後の費用としていくら必要なのか? そのためには、今いくらの貯金が必要なのか? そして不妊治療にはいくら使って平気なのか? 色々なデータや実体験をもとに試算し考えてみました。妊活夫婦は参考にしてみてください。
妊活情報

不妊治療と鶏肉の関係 クリスマスチキンを食べると不妊症になる?

鶏肉から成長ホルモン(女性ホルモンのエストロゲン)や抗生物質が検出された。ってニュースがたまに流れます。そうすると、私たちの購入している鶏肉も不安になりますよね。実際に成長ホルモンなどは不妊症や子宮体がんの原因になることもあります。中国やブラジルなどの輸入ブロイラー(若鶏)の安全性や鶏肉が妊活に最適かどうか調べました。
妊活情報

新潟県で絶対行きたい子宝スポット6選 ~子宝温泉、妊活スポット情報~

東京からのアクセスも良く、夏の花火大会や音楽フェス、冬の温泉やスキーなど、行くことも多い新潟県。米どころで有名ですが、神社の数も日本一で、多くのパワースポットが。定番の子宝神社や子宝温泉は妊活夫婦におすすめ。また、子宝祈願の奇祭や子授けのイメージがあるトキの生息地なども新潟ならでは。そんな新潟の妊活スポットをご紹介。
妊活情報

不妊治療と保険診療について 体外受精が保険適用外の自費診療なのはなぜ?

人工授精や体外受精などの不妊治療では時間的・精神的な辛さがありますが、金銭的な辛さも大きいですよね。子供が欲しい世代は総じて若く、収入も多くないはず。しかし、不妊治療のほとんどが国の医療保険適用外で高額な医療費がかかります。なぜ、不妊治療は保険適用外なのか、今後は適用になるのか、治療費を節約するコツ等をご紹介。
妊活情報

不妊治療についての発言をしている議員まとめ 不妊に悩む人たちの見方は? 体外受精 が保険適用になる? 特定不妊治療助成金が手厚く?

不妊治療をしていると、体外受精など高度生殖医療が医療保険の適用外で金銭的につらいですよね。不妊治療の保険適用や不妊に対する取り組みについて、議論している議員さんがいるので紹介します。不妊治療経験者の野田聖子さんや医師である桜井充さん、なにかと話題の多い菅原一秀さん、不妊教育に対して発言している山川百合子さんなどです。
妊活情報

寒い冬におすすめの妊活飯 心も身体も温まる冷え性バイバイ温活子宝メニュー3選

妊活を開始してから、妊活メシを作ることが多くなりました。特に冬は冷え性改善のための温活メニューをよくつくります。意外にも夏野菜のトマトやナスを使った温活メニューやお酒のおつまみのもぴったりなあの定番メニューが妊娠には効果的だったり、イカとタコはどっちが不妊に効くのかなど、冬におすすめできる妊活メニューをご紹介。
妊活情報

看護師として働きながら不妊治療を続けるためには

夜勤や緊急対応がある看護師。ただでさえ仕事と不妊治療の両立は難しいのに看護師をしながら治療できるのか考えてみました。看護師といえば病棟勤務が一般的ですが、献血センターや学校なども職場としてありますね。それぞれの職場で不妊治療を行うメリットや体外受精で急に休みやすいのはどんな仕事か考えます。ナースでも妊活したい人へ。
妊活情報

ぽっちゃりの方が妊娠しやすい? 不妊症と身体の正しい関係 安産型体型とは?

不妊症や妊娠と女性の体形については色々な話があり、研究も進んでいます。不妊の原因で意外と多いのが痩せすぎ。太りすぎもよくないけれど痩せすぎも低AMHに。BMIを目安にするなら18~24くらいが妊娠に最適。脂肪から女性ホルモンが作られることからコレステロールの適度な摂取は妊活におすすめ。安産型っていうけれど妊娠と関係は?
妊活情報

砂丘と一緒に行きたい鳥取県のおすすめ妊活スポットまとめ4選

山陰地方の鳥取県は、手付かずの自然が残り、古くからの伝説も多くのこる地方です。鳥取県は砂丘で有名ですが、子宝や妊娠、出産にまつわる伝説も多く、妊活スポットも多くあります。都心からのアクセスはよくありませんが、その分、人も少なくゆっくりと観光できるのも魅力。不妊治療中のカップルは鳥取県で妊活旅行に行ってみてはどうですか?
妊活情報

8%から10%への消費税増税で不妊治療費や助成金はどうなる? 節約術も合わせてご紹 介。

いよいよ増税が迫ってきました。妊活夫婦にとって、気になるのは治療費への影響。体外受精などの不妊治療への増税の影響や、増税により特定治療助成金がどうなるか、増税をお得に乗り切る方法など、妊活カップルに有益な情報をまとめました。キャッシュレスによる還元や軽減税率、増税還元セールを使って、不妊治療で厳しい家計を守りましょう。
タイトルとURLをコピーしました