【不妊治療体験記】辛い膣座薬と想像妊娠の症状 2,3回目の体外受精


2回目の体外受精

1回目の体外受精の記録はこちら

体外受精 採卵まで

前回と同じく、生理3日目からレトロゾールを服用。
今回も卵胞が2つでした。

D8とD10にHMG注射を打ち通院します。

 

不妊治療中の体質改善

妊活中は検索魔になってしまいますよね。

いい情報も悪い情報も出てくるし、所詮ネットの情報なのに。
とにかく調べないと気がすまないんですよね。

自分で得た情報の中から、自分で判断して妊活に良いと思ったことはいろいろ実践し始めました。

  • 大豆製品の摂取
    卵胞や内膜を育てるのにいいらしいです。
  • ウォーキング
    冷え性なので身体を温めて着床しやすくするために始めました。
  • 毎日お風呂に入る
    最近はシャワーが多かったけど、冷え性改善のために毎日湯船に入るようにしました

効果があるかわからないけど、やれることはやっているということで前向きに考えられるようになりました

そしてD13の受診では、なんと奇跡の卵胞3つ

増えてます。

 

それぞれ17ミリ、17ミリ、15ミリ

内膜は7.9・・・
8ミリは欲しいといわれたので、ギリギリかな

採卵は、D15に決定。

前回より状態はいいので何かが効いたのかな?

このときはまだ、自己注射(夫に打ってもらう筋肉注射)の講習を受けていなかったので
自分でお腹に打つタイプのものを実施していました。

採血も予防接種も、針を刺すところが見れず、顔を背けていた私が自分注射なんて・・・
注射は痛いし、打ったあとにちょっと気持ち悪くなるし、憂鬱。

 

採卵当日とまさかの結果

そして迎えた採卵日

たまご3つとウキウキでクリニックへ。

生活改善も本格的に取り込んで謎の自信を得ています。

生活改善の第一歩はサプリメントから

 

結果は・・・

 

すでに排卵済み

 

今まで痛い思いたくさんしてきたのに・・・

貴重な1回だったのに・・・

採卵日を早くしてくれればよかったのに・・・

と色々考えてもやもや

 

でも、先生は排卵のしくみから、採卵日を決めるポイントなど丁寧に説明してくれました。

そして、少しの可能性を・・・と急遽人工授精もやってくれました。

そもそも休診日だったのにいろいろ対応してくれて、すごく有難いなと思いました。

人工授精のあとは、ルトラールを服用して黄体補充

ちなみに人工受精の数日後

  • 気持ち悪い
  • 胸が痛い
  • 生理痛みたいな下腹部の鈍痛
  • とにかく眠い
  • 車酔いみたいな感じが続く

という症状があり・・・ネットで調べては期待。

意外とこういうときに妊娠したりするのか?

 

人工受精の結果

判定日となり、はやる気持ちを抑え診察へ。

ダメだった時のショックが大きくならにように期待しないようにしますが・・・

 

結果はダメ

 

全部、想像妊娠症状でした。

 

妊娠超初期症状って・・・常に当てはまるからだまされないようにしようと思うのに。

なぜかポジティブに信じちゃうんですよね。

ここまで2回、体外受精に向けて頑張ってきましが一度も移植にたどり着けず・・・

かなりへこんでいます。

 

3回目の体外受精

だいぶダメージの大きかった2回目の体外受精。

なんとか気分を持ち上げて3回目の体外受精へ向けての準備が始まります。

2回目が早々にダメだったので、気晴らしに子宝温泉冬の赤城山へ登ってきました。

 

採卵まで

まずはD10で受診。

この時点で卵胞は2つ

なんだかんだ低AMHでも2つは卵胞ができます。

入浴とかが効いているのかな?

しかし大きさは20ミリ14ミリ

大きさの差が大きく、不揃いなのが気になりましたが先生には何も言われませんでした。

前回排卵してしまって、採卵できなかったので今回はD12で早めに採卵することになりました。

ちなみにD10の時点で、内膜は5.2

かなり薄いですね。

ちょっとでも内膜が厚くなるように、豆乳を飲んで、ウォーキングをしました。

豆乳には内膜を厚くする効果があるらしいですよ。

気休めかもしれないけど、何かしないと落ち着かないんです

 

夫が妻に注射

そして、今回から夫に注射を打ってもらえるようになりました。

夫が注射するためには、クリニックでの練習会に参加しないといけません。

病院で、注射の仕方のDVDを見たあと、看護師さんに教えてもらいながら実際に打ってみます。この練習をしたことで、今後は自己注射が可能となります。

通院回数も減らせるし、病院での注射代500円程度がなくなり節約にもなります。
ただ、筋肉注射なのですごく痛い。でも、夫はわりと上手な方でした。
よかった。

そして採卵前々日に、初めて家で夫に注射してもらいました。

病院とは違って二人で四苦八苦しながらでしたがなんとかできました。

 

体外受精3回目 採卵当日

迎えた採卵日

前回のこともありどきどきです。

今回は無事に2つ採れました。

 

体外受精 3回目 受精?

翌日に受精確認に行くと・・・

二つとも受精

でも、移植日(採卵から3日後の初期胚の時)には、ひとつは6分割で止まってしまいました。

なので、残った8分割のグレード2の卵を移植します。

 

初めての移植

体外受精を始めて3回目、3ヶ月目にして初めて移植までたどり着くことができました

移植は、麻酔もないので消毒だけして、ささっと終わります。

初めての移植。

 

お腹に、私たちの卵があると思うと、それだけですごく幸せな気持ちになりました。

移植後は、5日間のプロゲステロン注射

そのあと、エストラーナテープウトロゲスタン(膣座薬)と続きます。

注射は、慣れてきたので、なんとかなりました。

エストラーナテープは、お腹の子宮の辺りに貼るテープです。

内膜を厚くするために貼るそうです。大きな絆創膏みたい。

剥がれないと言われたけど、お風呂に入ってると剥がれてくるので、絆創膏で端を押さえていました。

 

新たな難関 膣座薬

そして一番の難関は・・・膣座薬

膣座薬というものが、この世に存在しているのを初めて知りました。

しかも、一日3回、ちょうど8時間おきになるように入れるんです。

仕事中は、仕事にも持参して、休憩中はトイレでいれます。

これは、1週間続くのですが慣れません。

というか、仕事の休憩時間(12時~13時】の間に挿れると、8時間前は朝4時です・・・

 

薬を入れたあと、だらだらと残りのカスとかが出てくるのも気持ち悪いです。

本当は座薬を入れたら30分くらい安静にするらしいのですが、朝は座薬入れたら仕事にいくし、昼は仕事中だから入れてすぐ動き回るし、、、で夜しか安静にできていませんでした。

移植後の記録です
ET2(移植日がET0)・・・おりもの多い
ET3・・・・・・・・・・・・・・・・・おりもの多い。寝るときにお腹(下腹部)が痛くなる。
ET4・・・・・・・・・・・・・・・・・おりもの多い。
ET5・・・・・・・・・・・・・・・・・生理前みたいにお腹が張る(浮腫む)。
甘い物食べたい欲がすごい。

あとは普段と変わらず。

というか私の場合、今までおりものを気にかけたことがなかったので、普段と違うのかどうかもよくわかりません。

その後も特別変わった症状はなく、ET11で判定日を迎えました。

 

クリニックで結果を待つ間、心臓のバクバクが止まらず・・・

スマホをみても、雑誌をみても、落ち着かず・・・

やっと呼ばれて・・・

 

「今回はだめだったね~」と言われました。

 

妊娠症状がなにもなく、そんな気はしてたので、思ったよりは落ち着いていました。

でも、移植した卵の写真をもらって、それを見たときはやっぱり悲しかったです。

先生いわく、私の年齢等を考えると着床率は20%

5回に1回着床する確立だから、1回目でめげてちゃだめだということです。

悲しくて泣きそうだったけど、だめだったらお酒飲んでパーティーしようと夫と話していたので、夜はいろいろ作ってお酒を飲んで、気分転換ができました。

不妊治療は、先が見えなくて考えすぎると暗くなる一方なので気分転換は本当に大事

私たちは、「今回だめだったら、~をしよう」 「だめだったら~に行こう!」と
いろいろ話しています。それだけで少しは気持ち的に楽になります。

「今回絶対妊娠する!!!!」っていう強い気持ちも必要かもしれないけど、そんなのだめだったときに悲しすぎる。

というわけで、次は4回目の体外受精に挑戦です。

私たちなりの気分転換のやり方もその内書けたらと思ってます。

コメント

  1. […] 2,3回目の体外受精体験記はこちら […]

タイトルとURLをコピーしました