【不妊治療体験記】中断明け6回目の体外受精と不妊治療薬の服用そして再検査


6回目の体外受精
再検査でFSHの値が下がった

転職の関係で中断していた不妊治療を再開しました。

不妊治療を中断する時期とか、期間ってよくわかりませんよね。
ずっと続けるのはお金も体力も辛いし。

転職というタイミングは結構よかったのかもしれません。

体外受精再開

ずっと薬漬けだった身体も休められたし、一度休憩をしていた体外受精を再開します。

6回目の体外受精 採卵前にピルを服用

まずは、D3で受診。
いつものように内診・・・するのかと思ったら。

「ピル試してみよっか??」
と先生から提案がありました。

ピルについては、不妊治療で使うイメージはなかったので、まさに寝耳に水です。

不妊治療でのピルの服用 卵胞が増える

ピルを使うと、卵胞の大きさを整えたり、人によっては数が増えたりもあるらしいです。

最近は、卵胞が二個育っても、かなり大きさの差があったし、そろそろ違う誘発方法も試したいと思っていたので、ピルを試すことにしました。

ピルは避妊で使うときが一般的ですが、避妊以外にも結構使うみたいです。

例えば、月経困難症。
月経困難症とは、生理の際に生じる症状(特に痛み)が強く、治療が必要なるものです。
この場合も治療としてピルが処方される場合があるそうです。

今回は、不妊治療でのピルの活用でしたが、不妊治療ではタイミング法や人工授精の後に、黄体期(高温期)に服用して黄体補充をしたり、体外受精の排卵誘発の前周期に前の卵胞が残っているのを解消したり、卵巣を休めるために使うようです。

今回の治療では、卵胞の大きさを整えて、受精できる卵胞を複数採ることを目的に服用しました。

たくさんの飲み薬 ピルの副作用

ピルを試すことにしましたが、誘発方法は変わらず低刺激法です。あまり卵胞が育たないので、高刺激にしても効率が良くないための判断です。

とりあえず、D3から10日間ピル(プラノバール)を飲みます。

副作用で気持ち悪くなるかもしれないけど、ひどかったら受診してと言われました。

そして、言われた通り、吐き気に苦しんだ10日間でした。
あまり副作用とか出るタイプではないんですが・・・

ピルの副作用は、動けないほどではなかったけど、気持ち悪くて夜中に起きたり、頭痛もあったりとなかなか辛かったです。

でも、これで採卵、移植、妊娠となるなら痛くても辛くてもがんばれます。

そしてピルが終わって4日後にまた生理。
D3からレトロゾールで誘発です。

更に今回は初めてのビブラマイシンを服用します。
これは抗生剤で、夫婦で7日間飲みました。
どんどん薬が増えて管理が大変です。

ビブラマイシンの効果は、無菌で受精させるためです。
最近のニュースで、内幕炎の治療でもビブラマイシンを使うって出ていましたね。

近々内幕炎の検査もしなきゃなーと思っています。
こうした、婦人科の病気は不妊の直接の原因になるので、本当は治療の初期の段階で検査しておくといいでしょう。

そしてそれと平行して、hmg注射も一日おきに打ちました。
注射は痛いけど、夫婦ともにだいぶ慣れてきました。

ピルの効果 採卵前受診

D10の受診では、卵胞2つ。
それぞれ10 ミリ8ミリでした。

副作用の強いピルのを飲んだのに、2つでは悲しかったけど、確かに大きさは同じくらいだし、ピルの効果があったのかなと思います。

いままでは卵胞もバラバラでしたしね。卵胞の大きさがバラバラだと一緒に採卵できなかったり、大きいのは排卵してしまったりするので、大きさが近いのは結構重要です。

そして、この診察から一週間後が採卵です。
久しぶりの採卵でドキドキだけど、無事に採れるかな。

採卵 なんとピル効果で卵子が増えた

いよいよ採卵

今回も局所麻酔
子宮への注射は痛いけど、慣れました。

そして嬉しいサプライズが。

今回なんと3つのたまごがとれました。

これはピルの効果があったんじゃ無いでしょうか?
6回目の体外受精にして初の快挙です。

気になる内膜の厚さは微妙

採卵がうまくできそうだと、気になってくるのが内膜です。

着床率をあげるためにもフカフカの内膜に育っててほしい。

しかし、内幕は7.9ミリと今回も薄い

ただ、今回は2個戻しもできそうで、期待大です。

移植当日 受精卵のグレードは4で最低

そして三日後に初期胚移植

移植までに、内膜を育てようと豆乳を飲んだり、注射を打ったりと頑張りました。

クリニックで名前を呼ばれて入ると、第一声が

「これは厳しいね」

なんと、3つ採卵できた卵子のうち、
一つは受精せず、
もう一つは受精したけど分割せず、
残る3つ目は6分割止まりでグレードはかなり低い…

3つもあったのに…と悲しくなりました。
うまくいきませんね。

そして、唯一頑張っていた6分割のたまご。

グレードはかなり低いとのことでしたが、一生懸命生きているので、移植することにしました。
可能性は低いかもしれないけど、判定日まで信じて待ちたいと思います。

実際に、グレードの低い胚も妊娠した事例は多いです。
胚のグレードは1~5のレベルでグレード1がもっとも状態の良い胚です。

しかし、このグレードは各病院で基準も違いますし、3段階でしか評価していない病院もあります。とりあえず、先生の判断を信じて、グレード4の移植を行いました。

そして、今回駄目だったらカウフマン療法を試そうという話がでました。
また、知らない言葉だ・・・調べないと。

移植後は注射と膣座薬

移植後は注射エストラーナテープウトロゲスタン坐薬、と色々続いてきます。

判定日までがんばります。

マカは欠かさず飲んでます。
3つも採卵できたし、マカはしばらく続けようと思っています。

妊娠判定日

そして判定日

今回は6分割のグレード4という今までにないグレードの低さ…
だめで当然と思っていたけど、信じたい気持ちもある。

今回も判定日まで大きな体調の変化もなく…
ただただ座薬の辛い日々でした。あの痒みに皆さんたえていると思うと本当にすごい…
私は仕事も集中できなかったです。

それでもなんとか乗り越えて判定日を迎えたわけですが・・・

結果は陰性

わかっていてもやっぱり辛いです。

気持ちの切り替えが大事

でも今回は判定日のあと、二人で飲みに行こうと約束していたので、少しは気持ちがラクでした。

予定通り、居酒屋で思い切り食べて飲んで楽しく過ごすことができました。
反省会です。

くよくよしていてもしょうがないですし、ストレスは妊活によくないですしね。

判定日のあとに楽しい予定をいれるのは気分転換になるのでオススメです。

今後の治療方針を決めるための再検査

そして、次回の体外受精ですが…

早発閉経の診断もされているため、急がなきゃいけないのはもちろんだけど、この卵のグレードではこのまま採卵移植をしても意味がないと言われました。

もう一度採血をして、体の変化を見てみよう(以前FSHの値がものすごく高かった)ということになりました。
夫の方も、検査で異常はなかったけど、もう一度調べてみようと、夫婦二人とも再検査です。

採血でなんとFSHは基準値に

ということで、D3に採血してきました。

夫の検査は……多分忘れてて触れられず。

その結果

まさかのFSHは基準値

一桁になっていました。卵巣機能が衰えていくと、FSHの数値がどんどん高くなり、閉経していくとのことです。10以上あると高いらしいのですが、以前私は20ありました…

FSHの数値は変動が大きいみたいなのであまり喜べませんが、とりあえず次も体外受精チャレンジしようということになりました。

またレトロゾールで誘発、注射一本打って、卵胞の様子を見てもらうことになっています。

卵胞育っていますよーに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました