【不妊治療体験記】 FSHが基準値になって7回目の体外受精 なんと予想外の多数採卵


前回の体外受精ではAMH(アンチミューラリアンホルモン)の値が低いにも関わらず3つも採卵できて喜んだのもつかの間。
結局、初期胚までそだったのはグレード3のひとつだけ。

移植したものの、結局妊娠にはいたらず、今後の方針についてお医者さんと相談しました。

その結果、もう一度検査してみようということで、血液検査をしたんですが、FSHの値がかなり良くなっていたので、引き続き体外受精となりました。

ここまでの不妊治療の記録はこちら
記事一覧

 

7回目の体外受精

FSHの数値は変動が大きいみたいなのであまり喜べませんが、とりあえずFHSが良くなっていたので、7回目の体外受精に挑戦です。

 

採卵まで

誘発は、いつもと同じ低刺激法

いわもと婦人科クリニックでの私の不妊治療では、低刺激法でも注射と薬を飲みます。

完全自然周期を低刺激法としている病院もありますが、自己注射とルトラールという飲み薬で卵胞を育てる誘発を行います。
そろそろ、高刺激法も試してもいいころなのかもしれませんね。低AMHの人はあまり高刺激はやらないみたいですが、その人にあった治療法を見つけることが妊娠への近道だと思いますので、新しい治療を試してみるのも有効です。

診察をしてみると、育っている卵胞は1つ。

前回の3つに比べると、ちょっとさびしいですね。

それでも珍しく内膜が8ミリをこえていたこともあり、採卵することにしました。
内膜が厚くなっているのは、体質改善が効いているのかな?

採卵するかしないかは毎回悩みますよね。たくさん卵胞が育っていればいいですが・・・
今回みたいにひとつだと結構悩んでしまいます。

採卵まで行くと、お金も結構かかりますし、時間や注射も行わなくてはいけません。
結局、排卵してしまっていて採卵できなくなってしまうこともありますし、採卵できてもひとつじゃ受精しなくて移植できない可能性もあります。
でも、結局限られた残りの治療機会もわからないので、やることにするんですが。
ほんとにお金がきつい・・・

 

採卵当日

採卵当日、病院で採卵を行うと、なんだかいつもよりも痛かったです。

お腹もグイグイ押されて、結構な激痛でした。

いつも採卵できる卵胞の数が少ない私は局所麻酔なんですが、全身麻酔の人がうらやましくなりました。

そして、激痛の採卵が終わった後の診察では

まさかの2つ採卵

一つはすごく小さくて、採るのが大変で、お腹をグイグイ押されたみたいです。
ひとつしか取れないと思ってたから、ほんとにうれしかったです。

やってみるもんですね。

 

受精確認

そして次の日の受精確認。

採卵の時よりもいつもドキドキです。

結果は・・・

一つだけ受精

前回は初期胚で移植して妊娠に至らなかったので、今回は胚盤胞まで育てる予定でいきます。

胚盤胞まで育つ確立は初期胚に比べずっと低くなるのですが、移植後の妊娠率は高くなります。ある種の賭けですが、いままで一度も胚盤胞を移植できていないので、今回は最初から胚盤胞狙いです。

 

移植当日

胚盤胞移植と決めていたため、5日後にまた病院へ。

移植する気満々で行ったのですが先生から診察で言われたことは

「胚盤胞…なってないね。育たなかった」

と告げられました。

実は前にも胚盤胞まで育てようとしたことがあります。

その時は2つ受精卵があったから、一つは胚盤胞になるだろうと思ってたけどどっちもならなかったんです。初めての体外受精の時ですね。

そのときの記事はこちら
【不妊治療体験記】初めての体外受精と低AMHに適した治療法

そして今回も胚盤胞にはならず。

胚盤胞にならないのはどうしてだろう。
久しぶりにすごく辛くて、泣きまくりました。

 

体外受精 その後

7回目の体外受精も失敗。
本当に辛かったです。

しかし、ほかの人のブログや治療情報を見てみると10回も20回も治療を頑張っている人がいます。そういった人の体験談にも励まされ、なんとか頑張ります。

治療が終わってしまった、その日の夜は、モツ鍋&お酒&スイーツで豪華お食事。

悲しさを吹き飛ばしました。

やっぱり美味しいスイーツは癒やされます。
気分の切り替えは大切ですね。
不妊治療中はお酒も飲めないので、ここぞとばかりに飲みます。

そして、来月は体外受精はお休みにします。
その間に体を整えたいと思います。

最近やってる体質改善のための、食事、整体などに行って改めて体質改善の内容も見直そうかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました