【不妊治療体験記】8回目の体外受精再開 住宅購入と初の高刺激法チャレンジ


7回目の体外受精に撃沈して(胚盤胞にならなくて移植すら出来ず…)落ち込みまくって
休んでいた不妊治療…

前回の不妊治療記録はこちら
【不妊治療体験記】 FSHが基準値になって7回目の体外受精 なんと予想外の多数採卵

しばしのお休み期間をあけて、体外受精治療を再開しました。

 

不妊治療休養期間

不妊治療を4ヶ月くらい休んでいる間にいろいろとやっていました。
中でも、一番メインでやっていたことは、家探しと住宅購入、引越しです。

とうとう家を買って、主に引越し作業をしていました。

 

不妊治療中に家を買う

不妊治療を長年続けていて、とうとう私たち夫婦も30代になりました。

以前は、子供ができて、子供が小さいうちは安めのアパートで、小学校入学くらいのタイミングで庭付き一戸建て、アウトドア好きな私たちは金銭的にも趣味的にも田舎暮らしが最適。

なんてことを考えていましたが・・・

現実は甘くなくて不妊治療の効果もなく子宝には恵まれていません。

しかし、住宅ローンのことを考えるとそろそろ住宅の購入を考えるべきと判断し、家探しをしていました。

いろいろ見た結果・・・

アウトドアも楽しめる程よい田舎の中古マンションを購入

理由は・・・

  • 売却時に売りやすい

まだ子供をあきらめた訳ではないので、いつまでも二人で住むとは限りませんし、結局子供ができずに二人で住む可能性もあります。マンションであれば、戸建に比べ売却しやすく、子供ができてもある程度は対応できると考えました。

  • 近隣住民との距離が適度

都心の戸建は近隣住民との距離が近い場合が多いです。子供がいない若夫婦が住んでいるといろいろと目立ってしまう可能性もあります。もちろん、悪いことではないですが、マンションなら夫婦二人で住んでいてもあまり目立つことはないでしょう。

  • 夫婦二人で楽しめる

マンションの豪華な共有部や高層会からの景色は夫婦二人で楽しむにはもってこいです。子供もいないので、室内の劣化も少なく、きれいな状態を保ちやすいです。駅近な立地も夜に飲みに出かけやすいですし、子供ができてから自然豊かな庭で遊べる庭に引っ越せばいいでしょう。

  • 築10年以下の中古で今後の大きな値崩れが無い

日本の新築信仰主義の住宅業界では、新築から中古になった瞬間にもっとも大きな値崩れが起こります。誰かが買った瞬間、ものすごく価格が下がるのです。すでに中古の物件を選ぶことで、大きな値崩れの心配が少ないと判断しました。

 

再開後の不妊治療

住宅購入に引っ越しと、楽しく過ごしてきましたが、そろそろ治療も再開しなければ、ということで、4月に入りクリニックを受診しました。

以前まで通っていたところと同じ病院です。

 

治療方針の見直し 低刺激法から高刺激法へ

今まで、低AMHということで低刺激法のみでやってきましたが、採れる卵は1つか2つ。

AMHの値が低いので仕方ないとは思いつつ、別の誘発も試せないかと先生に相談したところ、長期間かけての高刺激法を提案してくれました。

まずはブセレキュアという点鼻薬でFSHを下げて、それから注射でたまごを育てる方法だそうです。

早速生理の二日目の夜から、点鼻薬開始

点鼻薬自体は、痛くないし注射より全然ラクなんですが、時間が朝の4時半から8時間起きに入れなきゃいけないんです。

アラームで4時半に起きて点鼻薬をし、少し二度寝してまた起きるのですが、二度寝が中途半端で起きるのがつらい。
薬のせいなのか、寝不足なのかはわかりませんが、日中も明らかに前より疲れているのを感じます…。

でも仕方ないと思って耐えています。
実際、赤ちゃんができたらこれ以上に大変な訳だし・・・

点鼻薬は4週間続けるらしく、早くもぐったりですが、来週に受診して状態をみてもらうので、とりあえずそれまで頑張ろうと思います。

無事に採卵、移植ができますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました