8回目の体外受精で初の高刺激法


8回目の体外受精で初の高刺激法

そんなこんなで、マンションを購入して引っ越しが落ち着いてから、不妊治療を再開しました。

とうとう8回目の体外受精です。

不妊治療再開後は高刺激法に初挑戦

8回目の体外受精は、前回話題になった高刺激法です。

【不妊治療体験記】FSHが基準値に回復 7回目の体外受精で採卵数増量

不妊治療方針の見直し 低刺激法から高刺激法へ

今まで、低AMHということで低刺激法でやってきましたが、採れる卵は1つか2つ

AMHの値が低いので仕方ないとは思いつつ、別の誘発も試せないかと先生に相談したところ、長期間かけての高刺激法を提案してくれました。

まずはブセレキュアという点鼻薬でFSHを下げて、それから注射でたまごを育てる方法だそうです。

早速生理二日目の夜から、点鼻薬開始

点鼻薬自体は、痛くないし注射より全然ラクなんですが、時間が朝の4時半から8時間起きにしなきゃいけないんです。

これが辛い・・・

アラームで4時半に起きて点鼻薬をし、少し二度寝してまた起きるのですが、二度寝が中途半端で起きるのがつらい。薬のせいなのか、寝不足なのかはわかりませんが、日中も明らかに前より疲れているのを感じます…。

でも仕方ないと思って耐えています。
実際、赤ちゃんができたらこれ以上に大変な訳だし・・・

点鼻薬は4週間続けるらしく、早くもぐったりですが、来週に受診して状態をみてもらうので、とりあえずそれまで頑張ろうと思います。

無事に採卵、移植ができますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました