不妊治療の最初のハードル「自己注射」のコツ お腹・お尻への注射での注意点と痛くない方法


不妊治療の自己注射体験談から見る注意とコツ

今回は、不妊治療中にする注射についての説明

不妊治療中は病院での注射や自己注射が多くなりますよね。
診察のたびに注射されるのは不妊治療の辛いところ。

この記事を読んで初めての自己注射に対する不安が少しでも取り除かれればと思います。

自己注射 自分でやるかor夫がやるか

不妊治療初期であれば、病院へ行って看護師に注射してもらうことがほとんどだと思います。

しかし、治療が長引くと自己注射を勧めるられます。

読んで字の通り、自分で自分に注射を打つんです。
もしくは、夫が妻に注射します。こちらの方がおすすめ

自己注射のメリット

自己注射には、思いつくだけでも以下のようなメリットがあります。

  • 通院回数の縮小
  • 投薬(注射)時間のフリー化
  • 治療費の削減
  • 病院の混雑緩和

通院回数の縮小

これは大きなメリット

体外受精などでは連日の注射が必要になる場合がほとんどです。
毎日通院するのは時間的にも相当厳しいはず。

自己注射に切り替えることで、注射のためだけに通院することが無くなり、1回の周期で通院回数を5回くらいは減らせてると思います。

投薬(注射)時間を自分で調整できる

不妊治療を受けている側はあまり気づかないかもしれませんが、注射を行う時間というのも結構重要

採卵時には採卵のちょうど何時間前など、投薬する時間を調整することで採卵を行っています。
採卵時に排卵しきってしまっていてはダメですし、まったく排卵が始まっていないと採卵できませんからね。

だいたい、夜10時くらいに注射するとちょうどよくなる場合が多いのですが、そんな夜遅い時間には通院できません。必然的に自己注射になるでしょう。

治療費の削減につながる

治療費が削減できるのは自己注射の大きなメリット

注射一回につき、技術料などの名目で1千円くらいがかかっているはずです。
これが10回になれば1万円です。

さらに、病院までの交通費や待ち時間も無くなるため、自己注射は不妊治療の患者側にもメリットがあるんです。

病院の混雑緩和につながる

これは、クリニック側のメリット

不妊治療クリニックはいつ行っても混んでいると思います。
日本人カップルの6組に1組が不妊と言われる時代ですからね。

ちょっと注射するだけのために通っていると病院はさらに混んで、待ち時間も長くなります。注射だけであれば通院せずに済むのであれば、病院の混雑緩和にもつながるでしょう。

自己注射の体験談と失敗談

ここからは、自己注射の体験談です。

はじめての自己注射はお腹に注射

あくまで私たちが通っている病院での私たちの治療の話ですのでクリニックによってや先生によって治療の仕方は違うかもしれません。参考として見ていただければと思います。

自己注射に至る経緯

体外受精を始めて2回目の周期に病院から言われたことは、毎日注射をしなければならないが、毎日病院に来るかそれとも夫がするか、ということでした。

仕事の都合もあり毎日病院に行くことは難しいので、夫が妻に注射をする、ということで夫婦で相談して決めました。

ほかの不妊治療経験者の話を聞くと、夫が注射なんて絶対にやりたくない、と揉める家庭もあるそうですが、我が家はそんな問題もなく、二人で協力してできていたと思います。

初めての自己注射は自分のお腹に注射

初めての自己注射はお腹に自分でやるものでした。「エピペン」と言われるやつです。

夫が妻に注射をするには一度講習を受けなくてはいけないんですが、時間の都合で間に合わなかったので、初回のみセルフで自分のお腹に刺すタイプの自己注射でした。

エピペンとは

エピペンはスズメバチや食物アレルギーなどでアナフィラキシーショックになった場合の緊急対処治療に使用されることもあるようで、アレルギーを持っている人などは自分自身で常備していたりします。

救急医療の現場ではもちろん、教職員や保育士などもいざという時のために職場においてあり、使うことがあるようです。不妊治療で使うのはエピペンではなくゴナールといった自己注射薬が多いみたいです。

自分のお腹に注射をする

私は食物アレルギーがありますが、自己注射は初めての経験

事前に病院で簡単な講習を受けていますが、看護師さんは当たり前のように説明していますが、こっちはまったくの素人。講習を思い出しながらまずは道具を並べて、手を洗います。

毎日同じ時間に注射するので、しっかりと時計で時間を確認

自分のおなかの脂肪をつまんで・・・

針を垂直に刺します。

薬剤を入れたら消毒して、ばんそうこうを貼ったらお終いです。

自分のお腹に針を刺すので、とても怖いですが、思ったほど痛みは無かったです。

夫が妻のお尻に注射 夫婦での自己注射開始

お腹に刺すタイプの自己注射は価格が高いのと、使える薬剤が限られるとかで、次の周期からは夫が刺す注射に切り替えました。

自分でするのと、夫にされるのではまた違った恐怖感があります。

夫婦で自己注射の講習を受ける

注射をするにあたって、一度病院で講習があります。

器具の取り扱い方や捨て方、注射針の刺し方や注意点などを聞いて、内容がまとめられている紙をもらいます。後は、その紙を見ながら、家庭で夫が妻に注射するわけです。それもお尻に。

注射は3~5日連続で、毎日夜10時頃に行うように指示されます。
これは高刺激法や低刺激法などの治療方針でも変わります。

薬は粉末タイプと液状タイプがあって、薬剤によって使い分けます。

病院でもらえるのは・・・

  • 薬剤の小瓶(粉末タイプか液体タイプ)
  • 触媒水の小瓶(蓋を割る器具とセット)
  • 薬剤を吸い取る用の太い注射針(赤)
  • 体内への注射用の細い注射針(青)
  • 注射器
  • 消毒用ガーゼ
  • ばんそうこう(よく採血の後に貼られる小さいやつです)

薬剤と触媒水の小瓶はとっても小さいです。
2,3
cmってとこでしょうか。

これらが、必要な日数分もらえます。

ちなみに、これらのゴミはほとんどが医療用廃棄物になりますので、家庭では捨てずに、空き瓶などにいれてまとめて病院に持っていき処分してもらいましょう。

自己注射の手順を写真付きで解説

いよいよ妻のお尻に注射します。
講習で教わったことを思い出しながら進めていきます。

1.道具を並べて手洗い

注射するのは清潔な空間にしましょう。


病院でもらえる道具一式はこんな感じ

2.消毒用ガーゼを半分にちぎる

簡単にちぎれるようになっています。

3.ガーゼの半分で薬剤と触媒水(生理用食塩液)の小瓶を消毒


小瓶はこんな感じで、真ん中の細くなっている部分を消毒します。

4.触媒水の小瓶を専用の器具で割る

プッチンプリンみたいに割れますが、小さいのでこぼさないように。
私はここで中身を全部こぼしたことがあります。失敗したときは冷静に。

その日は、翌日の分を使用して、、ついの日に病院に追加でもらいに行きました。


カバーを付けてシールの部分を支点にポキっと折る

5.注射器に太い注射針(赤)をセットして触媒水を吸い上げる

生理用食塩水であれば全部吸い取る必要もないです。


注射器に針をセットするとこんな感じ

6.そのまま薬剤(粉末)の小瓶に注射して注入

小瓶の蓋がゴム素材になっているのでそこから刺して注入します。


小瓶の中に先程すった液体を注入して混ぜてから吸い上げます。

7.粉末の薬剤と触媒水を混ぜ合わせる

触媒の水は少量でも十分混ざるようです。

8.混ざった水溶液をすべて吸い上げる

小瓶を逆さまにして吸い上げるとすべて吸い取れます。
薬剤の吸い残しが無いように注意

9.注射器の針を細い注射針(青)に付け替える


細い針に付け替えたらいよいよ注射

10.注射器の中の気泡を抜く

注射器を逆さまにしたり、はじいたり、回して空気を抜きます。
筋肉注射なので、少しくらい空気が入っても大丈夫だそうです。

残り半分のガーゼで注射する部位を消毒
刺す場所はお尻の頂点と腰骨を結んだ線を三等分して腰骨に近い部分

12.注射針を根本まで刺して薬剤を注入

針の刺し方は斜め45度がいいらしいですが、素人には難しいので垂直でOK
変に角度などを気にして薬剤が届かない可能性もあるので、勇気を出してほぼ直角でいいでしょう。

針は根元まで完全に刺し切ります。

この時、変な痛みや痺れがないか確認しながら行いましょう。
薬剤を一定の速度で入れた方が痛みは少ないです。

13.針を抜いて、止血、ばんそうこうを貼る

ここまでくればもう怖くはないですね。

14.注射部位を揉んで薬剤を広める

薬剤注入後は、しっかりお尻を揉んで薬剤を広めないとすぐにしこりになってしまいます。

しかも、一度しこりになると一か月近く固く残りますし、固くなった部分に注射をするのは痛いので、注射をするのが徐々に大変になってしまいます。
1時間くらいもんでもいいらしいので、暇さえあれば揉みましょう。
私も時間が空いたら揉んでいます。

自己注射の注意点

途中で異変を感じたり、注射後に異常があればすぐに医療機関に相談してください。

不安な人は緊急時の連絡先を聞いておくといいでしょう。
うちの病院では担当医師の個人の連絡先を教えてもらえました。

それと、薬剤をこぼしてしまったり、失敗して注射器が足りなくなった時は追加でもらうことができるので、病院に電話して相談しましょう。

自己注射の方法まとめ

①洗い
ガーゼで小瓶の消毒
触媒水の小瓶を割る
青色(太い)の注射針を注射器にセットして触媒水を吸い取る
吸い取った触媒水を薬剤の小瓶に入れて、薬剤を混ぜてから吸いとる
注射器内の空気をあらかた抜き、赤色(細い)注射針に付け替える
ガーゼで刺す部分を消毒する
注射する
絆創膏を貼る

こんな感じです

最初はマニュアルの紙を見ながらやっていましたが、2か月もするとスムーズにできるようになっちゃいます。

どんだけ揉んでもしこりが残ってくるので、注射をする場所は適宜変えながらやっていきましょう。

我が家はなぜか左のお尻より右のほうが上手に注射できます。
なんとなくですが、斜めに奥まで入れるほうが痛みが少ないのかも・・・

医療関係者でもないのに、人に注射をするのはちょっと怖いですね。

不妊治療の自己注射 まとめ

不妊治療は夫婦で同じ目的のために協力して進めていく治療です。
自己注射は夫婦で協力しないとできない治療ですので、怖がらずに旦那さんが協力してあげてくださいね。自分でやるとうまくできない場合もありますし、使える薬剤に限りが出る場合もあります。

注射は不妊治療をする上では乗り越えなくてはいけないことですので、頑張りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました