不妊治療中に家を買うならマンションがベストな4つの理由 戸建てかマンションどっちにすべきか?


不妊治療をおやすみしている間にマンションを購入していました。

本当は子供ができてから買おうと思っていたのですが、いつになるかわからないので。

その時の記事はこちら
【不妊治療体験記】8回目の体外受精再開 住宅購入と初の高刺激法チャレンジ

一応、一級建築士という資格を持っているし、ハウスメーカーで働いていたこともあるので、住宅に関する知識はあるつもりです。

ですが、不妊治療中ということもあって悩みに悩みました。

そんな私達の経験をもとに、不妊治療中の夫婦が住宅購入とどうやって向き合うかをまとめました。

 

不妊治療中に家を買うなら断然マンション

かなり悩んで、いろいろ見て回った結果、私たちはマンションを購入しました。

理由はこれから説明しますが、不妊治療中のカップルなら購入はマンションがおすすめです。

 

マンション購入に決めた理由

マンションの購入を決めた理由は大きく言うと

  • 立地が良い
  • 間取りがコンパクト
  • 近所付き合いが適度
  • 売却しやすい

この4点です。
一つづつ見ていきましょう。

 

マンションの方が立地が良い

家を買う上で、まず最初に考えるのが場所、立地です。
東京に買うのか、大阪に買うのか、はたまた沖縄に買うのか、先に決めますよね。

プロフィールにもあるように、私たち夫婦は地方へ遊びに行くことが多いんです。それも車で。

それを考えると高速道路のインターチェンジに近くて、車での生活が快適な場所が一番と思いました。当然、仕事への通勤はしやすいところがいいです。

ただ、不妊治療中の夫婦は注意しなくてはいけないのが通院。

今後、不妊治療を続けるつもりなら不妊治療クリニックへのアクセスが良いことが条件です。
転院も考えると、複数の病院へ通える場所がいいでしょう。
めでたく妊娠して、婦人科へ通うときも立地がいいほうが便利ですもんね。

また、不妊治療中は仕事を変えることもありますよね。転職する際にもある程度立地のいい場所じゃないと新しい仕事が見つかりません。

以上のことから、私たちは都心まで1時間以内の郊外駅近マンションにしました。

 

マンションの方が間取りがコンパクト

戸建てのメリットは部屋数の多さですよね。

4LDKなんて当たり前。

ですが、すでに子供がいるならともかく、不妊治療中でいつ子供ができるかわからない夫婦では戸建住宅では少し持て余しちゃいます。掃除も大変です。

毎日、友達や親戚を読んでお家でパーティーでもできるならいいですが、二人で大きな家に住んで、ふと寂しくなった時に耐えられますか?

マンションであれば、大きな間取りのものもありますが、だいたいが3LDK。うまく見つければ2LDKのものもあり、夫婦二人にはちょうどよいです。

不妊治療がうまく行って、子供ができたとしてもしばらくはマンションで対応できますし、4人家族程度なら3LDKのマンションでずっと住むことも可能です。

子供ができても、できなくてもちょうどよい間取りなのはマンションではないでしょうか。

 

マンションは近所付き合いが適度

私達は結構重視したポイントです。

戸建て住宅を買う場合、家族構成が不安定な状態ではおそらく分譲住宅になるかと思います。
分譲住宅では複数棟をまとめて売りに出すことが多く、隣近所にも同時期に家を買って引っ越してきます。

隣近所がみんな子供がいる家庭だったらどうですか?

もちろん、子供がいないと戸建てを買ってはいけない、なんてことはないですし、夫婦二人で戸建てに住んで幸せな家庭も大勢います。

しかし、精神的にも大変な不妊治療中に周りが子供ばかりの家庭で生活するのは正直しんどいです。
自治会の活動でも子供が同年代のファミリーが中心になるので、ちょっと気まずい思いをするかも、って考えちゃいました。

マンションであれば一つのマンションに1LDKから4LDKまで様々なタイプの部屋がある場合もあります。

住民も様々で、3世帯で住んでいる人からリタイアした老夫婦が住んでいたりと、各家庭のバリエーションは豊富です。

賃貸に出す部屋もあったり、共用部分の管理は管理会社が行いますので、近所付き合いも戸建てより少ない場合が多く、精神的にはだいぶ楽なのではないでしょうか。

不妊治療で忙しくスケジュールが立てづらいのに、地域の清掃活動などに参加するのは難しいですしね。

 

戸建てよりは売りやすい

やはり中古住宅の需要は戸建てよりもマンションの方が多いです。

不妊治療を進める中で最後は子宝に恵まれることが望ましいですが、残念ながらできない人もいます。どうなるかわからない家族構成で家を買うならマンションの方が動きがとりやすいです。

めでたく子供ができたら戸建に引っ越してもいいですし、夫婦二人で地方へ移住してしまうのもいいでしょう。

戸建て住宅の場合、築浅かかなりの年月が経って建物の価値がなくなれば土地の価値は絶対的に残りますので売りやすいのですが、中途半端な時期ですとマンションより買い手が付かないことが多いです。

売りやすいようにリフォームするのもマンションに比べて戸建ては難しいです。

 

おまけ

マンションは鉄筋コンクリートで造られており、両隣や上下階に人がいるマンションの方が暖かいんです。

冷えが大敵の不妊治療には意外と重要な理由かもしれません。高層階ではカビなどの心配も少なく、そういった点でも妊活には向いていますね。

 

妊活夫婦はマンションがいい まとめ

以上の理由で私たち夫婦はマンションを選択しました。

しかし、管理費や駐車場代が高いのも事実で、お金のかかる不妊治療には辛いのも事実です。

都心部のマンションでは空気や水などの周辺環境が良いかどうかも、妊活中の人は気になるところですよね。

ちょっと郊外の、ほどよく自然が残っている地域の駅からほど近いマンション、こんなところが私たちが落ち着いた家探しの結果でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました