ぽっちゃりの方が妊娠しやすい? 不妊症と身体の正しい関係 安産型体型とは?


 

最近、不妊症や妊娠と女性の体形について様々な研究が行われています。
そういった研究をもとに、体形と妊娠の関係をまとめてみました。

体型と妊娠の関係について

よく、お尻の大きな女性を安産型」、なんて言ったりしますよね。

最近はセクハラになるので、あまり聞かなくなったかもしれませんが、昔から言われており、一定の信憑性もあるのかも。
他にも、太りすぎていると妊娠しにくいなど、女性の体形と妊娠には密接なかかわりがありそうです。

 

ぽっちゃりだと妊娠しやすい? コレステロールと不妊症の関係。

実は、コレステロール値が高い女性ほどAMHが高いって知っていましたか?

私も、低AMHで不妊治療を行っており、周りにもAMHの低さで妊娠できていない人が多いです。コレステロールとAMHの関係から見て行きたいと思います。

 

コレステロールが高い女性はAMHも高い

AMHとはアンチミューラリアンホルモンのことで、卵巣予備機能の目安となる数値です。

年齢と共に低下していくものですが、身体のために野菜中心の食生活にしていてほっそりしている人ほどAMHが低いという話があります。
女性ホルモンの原料がコレステロールということを知らない人もいるかもしれませんが、コレステロール不足になると女性ホルモンの生産量が少なくなります。

 

コレステロールが妊娠へのエネルギーになる

身体に必要なエネルギーは炭水化物とタンパク質からブドウ糖になりエネルギーになるものと、中鎖脂肪酸からケトン体になりエネルギーになるものがあり、ケトン体由来のものが不足しがちです。

そして、胎児や妊婦さんのエネルギー減はケトン体と言われており、受精やその後の胚の発育にもケトン体が使われているそうです。そのため、ケトン体の材料であるコレステロールを摂取するように心がければ妊娠しやすくなる可能性が高いです。

 

体重と不妊症の関係

体重が標準体重の120%以上ある場合は、不妊症のリスクは2.1倍にまで高まるそうです。

逆に、標準体重の85%以下では不妊症のリスクは4.7倍にまで高くなるそうです。

標準よりも痩せている人の方が不妊になるリスクは高いんですね。

体重が重い人の場合は、脂肪細胞で作られるエストロゲンが過剰になり、卵胞がたくさんできやすくなるそうです。体重が少ない人の場合は、逆にエストロゲンが生産されにくく、これが不妊の原因になりやすいといわれています。

 

安産型だと妊娠しやすいは本当? 実際に安産なのか?

結論から言うと、骨盤が広くて大きい人は安産になるというのは本当です。

 

そもそも安産型とは?

なにを持って安産型というかは、人それぞれですが、お尻が大きい人を指すことが多いですよね。

しかし、安産になるか難産になるかはお尻は関係なく、骨盤が重要です。
骨盤は、赤ちゃんが産まれてくる道中で最も狭い部分で、ここが広いかどうかがお産の難易度に直結することが多いです。

なので、安産型だから必ず安産とは限らないかもしれませんが、やはり身体が小さい人やおしりが小さい人は難産になる確率も若干高いみたいです。もし、不安な人は骨盤や股関節をやわらかくするようにストレッチやヨガを取り入れるといいでしょう。

 

安産型の体形だと不妊症にはならない?

これは、ほとんど関係ありません。

しかし、骨盤はエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンの影響を受けて大きさが変わるのも事実ですので、安産型の人はホルモンバランスが整っていることが多いのかもしれません。
もちろん、妊娠にはホルモンバランスの乱れは大敵ですので、若干関係があるのかもしれませんが、ほとんど関係ないと考えていいと思います。

 

BMIと不妊症 妊娠しやすい体重は?

妊娠しやすいBMIは21~24kg/㎡です。

 

不妊症とBMI指数の関係

ボディマス指数というBMIは体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で算出することができます。

この計算方法でBMIが18.5未満ならやせ型、25以上なら肥満となります。

アメリカのハーバード大学による12万人の女性看護師を対象にした「看護師健康調査」によるとBMIが20~24の数値の女性が、排卵障害による不妊のリスクが最も少なかったそうです。これは、アメリカ人を対象にした研究ですが、近年はアジア人女性を対象にした研究も行われており、それによるとBMIが18.5~22.9が妊娠しやすいそうです。

 

BMIが高い、太り過ぎだとどうなる?

太り過ぎの場合、脂肪細胞から女性ホルモンが過剰に出てしまいます。

これが多いと、身体が「女性ホルモンはすでに出ている」と判断して、卵巣への必要な女性ホルモンの供給がストップしてしまうんです。そのため、卵胞はたくさんできるけど、質が悪く、なかなか妊娠しない場合も。

太り気味の女性に、色白で肌がつやつやした人が多いのは、この女性ホルモンがたくさん出ているからなんだそうです。

また、脂肪が多いと冷え症にもなりやいです。

 

BMIが低い、痩せすぎの場合はどうなる?

BMIが18以下の場合は、モデルのような体型で周囲からはうらやましがられるかもしれません。

しかし、妊娠する上では、太り過ぎよりも不利な場合が多いです。

痩せすぎの場合は、栄養失調状態な分けですから、身体は命を守ろうとします。
そのため、排卵する余裕が無いと判断し、排卵自体が止まってしまったり、育つ卵胞が少なくなります。

無理なダイエットで生理不順になったり、生理痛が酷くなったりする人も多く、痩せすぎは妊娠からは遠ざかってしまいます。

 

痩せすぎの場合、妊娠しても赤ちゃんへの影響が出る場合も

痩せすぎの女性が増えていて、2500g未満の低出生体重児が生まれやすくなっています。

低体重で生まれると、成人になった時に糖尿病の発症頻度が高くなるほか、冠動脈疾患で亡くなるリスクも高くなるそうです。

また、早産のリスクも高まるそうです。

妊娠してからのケアでは遅すぎるので、しっかりと栄養を取る生活を送ることが必要です。

 

日本人は痩せすぎが多い

こちらはBMIが18.5未満のやせている成人女性の割合を国際比較したグラフです。

データ:肥満研究:24,16-21,2018

なんと日本は後ろから8番目。

9位のナイジェリアともほとんど同じ結果ですが、ワースト1位から9位までは食糧事情が十分でない国々で、日本は先進国ではワースト1位です。

その他の国に比べ食糧不足であることは無いと思うので、過度なダイエットや痩せていることへの憧れがあるんでしょうか。

やせ型女性の割合の増加と比例して、不妊症の女性が増えていることからも、関連性はあると言えるのではないでしょうか。

 

痩せすぎ、太り過ぎ、対策は? 妊活にはどう活かす?

体型と妊娠のしやすさに関係があるのはわかりましたが、実際の妊活ではどうするのがよいのでしょうか。

 

太り過ぎの人の場合

太り過ぎの場合はダイエットに取り組みましょう。

ただし、栄養はしっかりとる必要があり、炭水化物抜きなんてもってのほかです。

炭水化物は少し減らすくらいで、野菜とタンパク質はしっかり摂取しましょう。

食事制限よりも運動が効果的で、冷え症解消やストレス発散にもつながります。体が重い場合は、簡単なストレッチやヨガ、水泳などもおすすめ。

一か月で2kgくらいづつ減らすのが理想で、急激に体重を減らすとホルモンバランスが崩れるので妊活中の女性は注意が必要です。

 

痩せすぎの人の場合

まず、食事は3食バランスよく取りましょう。暖かい飲み物やスープも一緒に取ると効果的です。

動物性と植物性のタンパク質を意識して摂取するようにしましょう。
おにぎりや菓子パンに野菜ジュースの組み合わせでは、糖質過多になってしまします。良質なたんぱく質の摂取は胚の質の改善につながるというアメリカの研究結果も多くあります。

糖質を取り過ぎると卵子の老化が進むことがわかっているので、高タンパク、低糖質な食事を心がけましょう。

そして、適度な運動で筋肉を付けましょう。

筋肉があることでホルモンバランスが整いやすくなりまる。

また、屋外で運動することで、日の光を浴び、ビタミンDが生成されます。ビタミンD不足も不妊の原因とされることがあることから、屋外での運動は一石二鳥と言えますね。

 

体型と妊娠のエピソード まとめ

 

最後に、体型と妊娠のエピソードを紹介したいと思います。

 

若いころは周りもみんな細くてかわいくて、読者モデルをやっているような子もいた。
自分も食事制限や運動でなんとなく太らないようにしていて、それが当たり前だと思っていた。
30歳前に結婚したけど妊娠せず、30歳を過ぎたら生理の経血の量が減り、不妊治療を決意。
いろいろ治療をしたけど結局妊娠には至らず、治療の途中で仕事も退職。
ストレスで病んでいる時に、北海道の田舎に住んでいる親戚が遊びにおいでと言ってくれた。
落ち込んでいたけど、このままでもまずいと思い、北海道の農家で一か月暮らした。

本当に田舎でのんびりしたところで、おしゃれとも無縁。
ご飯もおいしくて、よく食べて、良く寝ていたら、6キロも太ってしまった。
ちょうどその時生理が来て、経血がすごく出た。こんなに出たのは初めてかもしれない。

その後、夫が北海道に迎えに来てくれて、少し観光してから、東京に戻った。

すると、その2か月後に妊娠。36歳になっていた。

東京に戻った時は、自分でも妊娠する身体になってるって分かった。
ほんの数キロ太っただけだけど、自分でもわかるくらい女性の身体になっていて、
ものすごい変化を感じて、あっという間に妊娠した。
周りにも、不妊治療中の人や妊娠はするけど産むまではいけないっていう人が何人かいて、
年齢関係なくやっぱりみんなとっても細い。
体重増やしなよって言っても、そんなに痩せてないしって言われるけど、
周りもみんな痩せてるから自分が極端に細いのに気付けないのかも。

 

これは、ある人の体験談で、あくまで一例ですが、ネットの体験談とかを見ても、痩せすぎの人よりもややぽっちゃりの人の方が妊娠しやすいようです。

今の日本人女性は全体的に痩せすぎなので、ぽっちゃりって言われるくらいのほうが標準で妊娠しやすい体型なのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました