2019-10

妊活情報

沖縄県で不妊治療を受けるなら、おすすめクリニックまとめ 不妊治療最安値、最も不妊 治療費用が安い病院調べてみた

沖縄県は出生率が40年以上連続で日本一位の子宝王国です。子沢山の家族も多くいて、不妊治療のイメージが無い地方ですが、もちろん体外受精などの不妊治療をしている人もいて、数は少ないですが、不妊専門クリニックもあります。費用や実績、立地などから沖縄県で最もおすすめできる不妊治療クリニックと、治療費が最安値の病院を調べました。
妊活情報

ハゲと男性不妊症の関係 ハゲている人、薄毛の人は妊娠しにくい? それとも子宝に恵まれる?

薄毛やハゲがAGA(男性型脱毛症)など身近な病気として取り上げられ、治療が行われるようになってきました。男性のハゲの原因は男性ホルモンという話はよく聞くと思います。一方で、男性ホルモンが多いほど性欲が強いというイメージもあります。不妊治療でもホルモンは話題にあがることが多く、ハゲと不妊症の関係についてお話します。
不妊治療情報

埼玉県さいたま市の不妊治療クリニック徹底比較まとめ もっとも治療費が安いのはどこ ? 口コミ評価一番は?

今回は東京から近い、埼玉県の県庁所在地さいたま市の不妊治療クリニックを調べて、体外受精費用、口コミ・レビュー、設備投資、治療技術や治療方針など様々な点をまとめて評価してみました。浦和駅や大宮駅を中心に9つの病院がありましたが、不妊治療専門院は意外と少なめ。不妊治療の料金、立地やアクセスなど病院選びの参考にしてください。
妊活情報

寒い冬におすすめの妊活飯 心も身体も温まる冷え性バイバイ温活子宝メニュー3選

妊活を開始してから、妊活メシを作ることが多くなりました。特に冬は冷え性改善のための温活メニューをよくつくります。意外にも夏野菜のトマトやナスを使った温活メニューやお酒のおつまみのもぴったりなあの定番メニューが妊娠には効果的だったり、イカとタコはどっちが不妊に効くのかなど、冬におすすめできる妊活メニューをご紹介。
体験記

【不妊治療体験記】9回目の体外受精 グローミンの効果と運命の分かれ道

いよいよ9回目の体外受精。事前のエコーでは2個の卵胞を確認できましたが、そこからは運命のいたずらでまさかの結末に。ちょっとした日々の選択が治療の結果を変えるんですね。今回からグローミンという男性ホルモン剤を塗っています。グローミンは購入が難しいので、安く購入する方法をご紹介。そして、今回ダメなら胚盤胞を凍結することに。
妊活情報

看護師として働きながら不妊治療を続けるためには

夜勤や緊急対応がある看護師。ただでさえ仕事と不妊治療の両立は難しいのに看護師をしながら治療できるのか考えてみました。看護師といえば病棟勤務が一般的ですが、献血センターや学校なども職場としてありますね。それぞれの職場で不妊治療を行うメリットや体外受精で急に休みやすいのはどんな仕事か考えます。ナースでも妊活したい人へ。
妊活情報

映画「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」は不妊治療中の夫婦におすすめできる、男性不妊がテーマの映画

日本で初めて男性不妊がテーマの映画が公開されました。「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」は作家のヒキタクニオさん自身の男性不妊の不妊治療体験記がもとになっています。2回り年下の妻の一言から始まった年の差夫婦の妊活を、松重豊さんと北川景子さんが演じます。男性不妊ならではの悩みや夫婦のありがたさを感じることができる映画です。
不妊治療情報

国分寺駅前の「みずほ女性クリニック」へ不妊治療で2年間通った感想、口コミ

国分寺市や小平市、東久留米市など国分寺駅を利用する人が不妊治療をするときに候補に挙がる「みずほ女性クリニック」。2年間、不妊治療で通院していたので、体験談を書きます。立地や土曜日診療もやっており、クリニック内もきれいですが、一部には怖い先生も。卵管造影や血液検査もやりましたが、結果についての説明は疑問もありました。
タイトルとURLをコピーしました