11回目の体外受精でも凍結胚を目指すが今まで一度も胚盤胞になっていない

Pocket

11回目の体外受精でも凍結胚を目指すが今まで一度も胚盤胞になっていない

前回10回目の体外受精(採卵)は、なんと2回も採卵チャンスがあったのですが、結局2回目は失敗で、採れた卵は最初の3つ
そして受精したのが1つ、それも5日目に成長が止まってしまいました。

いよいよ大台10回目の体外受精で初の受精卵の凍結を目指す

そして、翌月すぐに11回目の体外受精へ挑戦します。
下を向いている暇はありません。

採卵数は向上しているが、胚盤胞に育たない

今回、11回目の採卵も前回同様、自然周期で行います。
グローミンだけは塗り続けているので、完全な自然周期ではないのかもしれませんが・・・

9回目の体外受精へ向けて、新兵器「グローミン」を塗ってみる

11回目の採卵に向けての事前検診ではちゃんと卵が育ってます。

今度は2つ

治療を始めたころは1つということも多かったんですが、コンスタントに2つ以上採れることが増えてきたように思います。

色々な生活改善が利いているんですかね。
悪くないです。

低AMHで、一時は閉経してもおかしくないと言われていた私にしては大きな成長ではないでしょうか。

採卵数は2

採卵では無事に2つとも採ることができました。
内診通りの結果で採れるのは意外と珍しいかも

そして、前回と同じように小さな卵胞がまだ2つあるとのこと。

ホルモン剤を投与して、その小さな卵胞2つを無理やり育てることもできます。

前回はそれをやっても育ちませんでしたが、さて、どうするか。

悩んだんですが、費用や通院のことを考えると前回ダメだったこともあるので、今回は見送りました。ほんとに、保育士で仕事をしながら不妊治療を続けるのが辛いです。

やっぱり無理だよ、保育士で体外受精

それに、すでに2つ採卵できていますしね。

2つとも受精、しかし胚盤胞にはならない

そうなんです。
今回は2つとも受精したんですが、どちらも3日か4日で成長が止まってしまい胚盤胞にはならなかったんです。

これには武蔵境いわもと婦人科クリニックの先生も頭を抱えてしまっていました。

まだ31歳という年齢を考えても受精卵が胚盤胞になる確率は40%くらいはあるそうです。

ここまで11回も採卵して、無事に受精した卵が少なくとも5つはありました。

受精卵5つすべてが胚盤胞にならない確率は60%が5回連続なので・・・

0.6×0.6×0.6×0.6×0.6=0.078

約8%

結構低い確率ですね。
本当に偶然、8%の確率になってしまっているのか、何か別の原因があるのか・・・

とりあえず受精卵の成長に必要なビタミンEの補充を進めています。
そして、染色体異常の検査を行うことになりました。

まとめ 胚盤胞に育たない

先生も頭を抱えるくらい全然妊娠しません。

というか、妊娠どころか胚盤胞ができません。
妊娠するためにはさらに着床というハードルがあり、そちらもなかなか大変なはずなんですが、そもそも胚盤胞にならないのなら着床以前の問題となってしまっています。

とりあえず、ビタミンDの補充をしつつ、採卵を続けることと、合間をみて染色体異常の検査を実施していきたいと思います。

染色体異常の検査は男女ともになので、夫婦で検査です。

10回目も11回目も凍結までいけてませんが、凍結を目指すということは移植を行わないので、身体と時間、それから費用の負担はだいぶ楽ですね。仕事のタイミング的にもちょっと厳しかったので、採卵に専念するのはちょうどいいかも。

この隙に、ビタミンDの補充や染色体異常の検査をやって、胚盤胞になるという目標を達成したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました