不妊治療は体外受精だけじゃない、病院に行かないでもできる効果的な妊活


妊活というと人工授精や体外受精など、病院で行う医療行為が一般的ですよね。

病院に行くのは怖いし、不妊治療というとちょっと重くて現実逃避したくなっちゃう。

そんな人のために、病院に行かないでもできる効果的な妊活を紹介します。

東洋医学を活用する

悪いところを突き止めて、とれを治す西洋医学とは違い、身体のバランスを整えて、悪いところをなくそうとするのが東洋医学です。

不妊治療の各種治療が西洋医学に基づくものですので、東洋医学を活用するのは別のアプローチからの妊活になります。
実際、東洋医学を併用して妊活に取り組む人は非常に多いです。

ホルモンバランスを整えたり、冷え性を改善したり、妊娠しにくい体質を妊娠しやすい体質に変えていけます。

薬膳・漢方

東洋医学の最も一般的な考え方で、五味(酸っぱい、苦い、甘い、辛い、しょぱい)という五つの味の調和ととり、気候や風土などその土地に合っている食べ物や季節の食べ物を積極的に取ることが基本になります。

その人の体質に合わせてうまく調合する必要もあり、漢方を専門的に取り扱っているお店で相談するといいでしょう。

特に不妊治療の分野では、周期療法といって、いくつかの漢方薬を月経周期に合わせて投与していく治療法も行われています。

食べ物や自然界にある植物や鉱物などの生薬を組み合わせた漢方をうまく使い、妊娠しやすい身体つくりをすることができます。

鍼灸

気や血を身体に巡らせる経路の悪いところを診断して、必要な経穴(ツボ)に針を刺し経路を調整して体のバランスを整えるのが鍼灸の考え方です。

不妊や月経痛などに効果的で、その他冷え性などの間接的に不妊になりやすくなる症状も改善することができます。

不妊治療としての鍼灸を取り扱っている医院も多く、身体の不調全般を改善できるので、一度受けてみるといいかもしれません。

東洋医学以外で体質改善

東洋医学以外でも、不妊に効果的な療法は数多くあり、昔からの民間療法として活用されているものも多いです。

食事療法

東洋医学の薬膳と同じですが、現代科学により分析されたビタミンやミネラルなどの栄養素を考慮して、必要な栄養素を含む食材を摂取することで、妊娠しやすくなることができます。

たとえば、ビタミンDが不足している女性は不妊治療が成功する確率が低く、ビタミンDが充足してる女性は妊娠しやすいというデータがあります。
ビタミンDはヨーグルトや牛乳、サーモンなどに含まれているので、こういった食材を摂ることで妊娠に近づけるはずです。

運動療法

定期的な運動は身体の調子を整える上でも重要です。

また、妊活に大敵であるストレス発散にもなり、肥満の予防にもなります。

冷え性改善にも効果があることから、軽いジョギングやストレッチなどを定期的に行うといいでしょう。

温泉療法

古くから湯治という考えが日本にはあり、温泉に入浴したり飲泉することで体調を整え、傷や疾病を治療する温泉療法も効果的です。

きちんと医学的見解に基づいた医療法の一つで、ヨーロッパにも温泉医学があり、世界的にも温泉を医療に使うことは多いです。

泉質によって効能が違うことから、全国には子宝温泉と呼ばれる温泉も多く、そういった温泉を利用して温泉療法を行うことで、妊娠する可能性が上がるでしょう。

整体・カイロプラスティック

鍼灸に近い考えですが、人の手によって体のバランスを整える手法です。

世界保健機関(WHO)にも補完代替医療として位置づけられており、れっきとした治療法の一つです。

骨盤のゆがみなどを矯正することで、身体のバランスや血液の流れが良くなり、妊娠しやすい身体造りに一役買ってくれます。

実際、不妊症の原因の一つとして、卵子の質の低下が挙げられることがありますが、血液循環が悪いと、成長中の卵子に十分な栄養が送られずに質が低下することがわかっています。
骨盤等のゆがみを取り除き、血液循環を良くすることで、卵子に栄養が届き、卵子の質の向上につながることは予想に難しくないでしょう。

冷え性などの改善にも効果的です。

サプリメント

食事療法に近いですが、食事だけで必要な栄養素を賄うことは難しいです。

栄養素のバランスをとるために、不足しがちな栄養を補うためにサプリメントを活用することは効果的かもしれません。

ストレス解消

妊活にはストレスは大敵です。

辛い不妊治療でまったく結果がでなくても、あきらめて治療から解放されたら妊娠したという事例も多いです。
ストレスを抱えていると、妊娠しやすいのは間違いないでしょう。

旅行

ストレス解消にもっともおすすめなのは、旅行です。

旅行期間中は不妊治療や妊娠のことは忘れて、おもいっきり楽しむもよし、子宝神社や子宝温泉などの妊活スポット訪問を取り入れた妊活旅行もよし、どちらにせよ、非日常を楽しんで、日々のストレスを発散させましょう。

転地療法

本格的な治療では転地療法という治療法があります。

暮らす場所を変えると気分も変わりますし、心機一転、エネルギーがあふれてきます。
同じ事柄について考えていても、環境が変わると見え方も変わります。

そういった変化から新しい風を入れて空気を換えるのが転地療法の醍醐味です。

温泉地へ長期滞在して温泉療法と組み合わせたり、冬に温かい土地へ移転するのもいいかもしれません。

まとめ

病院でする検査や体外受精などの所謂不妊治療以外の妊活について、思いつく限り書いてみました。
これらの治療法はそれぞれが関連していたりするので、複数を組み合わせることも可能です。

このうち、何個かは私たちも試したり、継続して行っているものもあります。

効果については、はっきりとわかりづらいのが、東洋医学などの医療法ですが、気軽にできるのも魅力的です。
ちょっと意識してみいるだけで、これまでの妊活のイメージを変えることができるかもしれません。

ただし、卵管に詰まりがあったり、子宮に腫瘍があったりする場合は、その原因を直接取り除く必要があり、こういった治療は病院で行う方がはるかに効果的ですので、うまく使い分ける必要があるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました