茨城県水戸市で最もおすすめの不妊治療クリニック 不妊治療料金比較


茨城県水戸市でおすすめの不妊治療クリニック

茨城県水戸市は茨城県の県庁所在しで人口約27万人の核都市です。水戸徳川家所以の地として、水戸黄門で有名ですね。日本三名園の一つである偕楽園があることでも有名です。

今回はそんな水戸市の不妊治療クリニックをまとめてみました。

その他の街の不妊治療クリニックはこちら

男性不妊専門病院 おすすめの首都圏の男性不妊専門クリニック4選

不妊治療費用徹底比較 東京23区内で最も安く不妊治療ができる病院

栃木県宇都宮市の不妊治療クリニックまとめ 不妊治療が最も安い、おすすめの病院は?

千葉市で不妊治療の助成が受けられるオススメクリニック 不妊治療費比較してみた

水戸市の特定不妊治療費助成の指定医療機関は2つ

茨城県の特定不妊治療費助成事業の指定医療機関は全部で11医院あります。
そのうち、水戸市にあるのは2つ

石渡産婦人科病院

水戸市上水戸1-4-21
029-221-2553

1952年開院の地域に根ざした産婦人科である、石渡産婦人科病院
2013年には新築移転を行い、きれいな建物になっています。

産婦人科ですが、不妊治療にも力を入れており、国内外のデータばかりでなく石渡産婦人科での基礎的研究から得られたデータも参考にしながら治療を行っています。
ホームページにも石渡研究室というページを設けて、研究内容を公開しています。

毎月不妊学級を開催したり、心理カウンセリングとして不妊ピアカウンセラーへの相談を無料で受けられたり、妊娠を望む方のためのヨガ教室を開催するなど、妊活を応援してくれる取組も多く実施

男性不妊での無精子症患者は、不妊専門泌尿器科中央泌尿器科クリニックと連携し精子の発育状況を確認するなど、各専門家との連携が目立ちます。

土曜日も一日外来受付をしているので、土日しか通えない人にもありがたいですね。

親子二代の夫婦を中心に女性医師も多いです。
ただ、医師が多いと担当する医師によって意見が違う場合があり、悩む患者もいるようです。

アクセスは水戸駅からのバスか車がおすすめ

植野産婦人科医院

水戸市五軒町2-3-7
029-221-2513

水戸駅よりバス10分の植野産婦人科医院

こちらは、土曜日は午前中のみの診療、完全予約制のクリニックです。

タイミング法から体外受精まで取り扱っていましたが、2020年1月より体外受精、凍結胚移植は中止となっています。
体外受精、顕微授精は実施していませんので、顕微授精を希望の方は注意が必要です。

ただ、各種検査や人工授精までは治療可能な他、カウンセリングも行っています。

院長先生はなんと二男二女の父親という子沢山ファミリーです。
非常に優しい先生と評判で、不妊治療でも出産でも好印象で評判のいいクリニックです。

予約が取りづらく混雑しているのはどの不妊治療クリニックも同じですが、外出もできるので待ち時間でも外に出ることができます。

水戸市で一番不妊治療がおすすめなのは石渡産婦人科病院

水戸市では体外受精まで行っている「石渡産婦人科病院」がおすすめです。

不妊治療を進めていくと、最後は体外受精になります。
途中で転院すると治療の経過もわからないですし、検査もやり直しになるので費用もかかります。
初めから体外受精ができる病院の方がおすすめです。

ただし、石渡産婦人科病院は医師が多く、担当によって意見が違ったり、少しサバサバしてて悪い印象を受ける人が多いようです。

不妊治療が怖いなと思う人は、まずは通いやすい病院でスタートしてみるのもいいかもしれません。タイミング法や検査であれば、今回紹介した2院以外でも取り扱っているところは多いです。

また、水戸市内に限らず、笠間市や日立市に通うのも手、可能なら茨城県内ではつくば市が不妊治療クリニックが多く、選択肢が多くなります。

水戸市は県とは別に独自の不妊治療助成を実施

なんと水戸市は茨城県の特定不妊治療費助成に加えて、市独自の助成を行っています。
これは非常にありがたいですね。

対象は体外受精と顕微授精で、1回の治療につき5万円を上乗せしてくれます。
詳しくはこちら

まとめ

水戸市は夏はオホーツク海気団の影響で関東甲信越以北の県庁所在地では最も真夏日が少なく、熱帯夜も非常に少ないです。
また、冬は晴天が続き関東地方の中では極端な大雪になりにくいそうで、妊活中でも快適に住みやすい街ではないでしょうか。快適な環境に、良い病院で不妊治療をして子宝に恵まれてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました