移植の暇暇な生活・・・耐えられない


移植の暇暇な生活

二段階移植で受精卵を移植してからというもの、暇で暇でしょうがありません。

制約が多すぎて、かなり辛い生活です。

受精卵移植後は行動に注意

移植後の生活は子宮に刺激が伝わるようなことは禁止です。

「子宮に刺激が伝わることなんてないでしょ」と思うかもしれませんが、ジョギングの振動もNGというから、かなりゆったりした生活を心がけないといけません。

禁止事項はこんな感じ

運動系は全部だめですね。
自転車もサドルから伝わる振動が最悪ということで、移動は徒歩になります。

今まで、職場の保育園までは自転車で行っていたのですが、電車と徒歩に切り替えました。
保育園なんて、駅から離れているから辛い

趣味のジョギングや山登り、スポーツは全部ダメです。

さらに、受精卵は熱に弱いのでお風呂もNG

寒い冬にこれは痛いです。
毎日1時間お風呂に入るのが趣味なのに・・・

暇つぶしの道具をご紹介

ホラー映画や百貨店に行くのもダメということで、本当に何もやることが無くなりました。

でも、じっとしていると不妊治療のことを考えてしまいメンタルが・・・

そんな中でもなんとかできそうなことを見つけてやっていたので紹介します。

不妊治療の味方アマゾンプライムビデオ

以前、こちらの記事でも紹介しましたが、アマゾンのプライムビデオには本当に助けられました。

不妊治療中のみなさまへ超絶おすすめな妊活に便利な5つのアイテム

月額500円以下でこれだけの映画やドラマが見れるのはありがたいです。

特におすすめは最近話題の福田萌子さんが出ているバチェロレッテ
バチェラーよりも短かった気がしますが十分楽しませてもらえました。

アマゾンプライムに入ると、ショッピングでも送料無料になるので、自宅でネットショッピングをするのにもおすすめです。

小説を読みまくる Kindle

マンガやアニメがあまり好きじゃないので、小説を何冊か読みました。
もともと、ミステリーは好きで、不妊治療の病院での待ち時間でも本を読んでいるくらいです。

定番の東野圭吾や恩田陸なんかが好きです。

ただ、さすがにずっと読んでいると疲れますね。

そこで

とうとう噂のKindle(キンドル)を購入しました。
小説専用タブレットで、価格は1万円以下

私の場合は小説しか読まないので、安いタイプですが、扱いやすいです。
片手でしっかりと持てますし、紙の質感に近いディスプレイです。

液晶が直接光っている訳ではないので、スマホやパソコンのディスプレイみたいに眼が疲れることはありません。
重さも、単行本くらいで軽いです。

早速、ダウンロードした小説を何冊か入れていますが、これだとキンドル内に何冊も本を入れられるのがいいですね。
病院の待ち時間が長いときに、読んでいる本が読み終わっちゃうとショックなんですよ・・・

自宅で本格もつ鍋を食べる

最後はこちら「もつ鍋」

移植後は旅行も禁止です。
どっちみちコロナであまり行けませんが、旅行好きの私たち夫婦には辛いです。

せめて、現地の美味しいものでも食べたい。

と、いうことで見つけたのがこちら。

何度か楽天でもつ鍋を購入していますが、こちらは福岡博多から直送の本格もつ鍋です。

プルプルのもつは関東ではなかなか手に入らないんですよね。
お値段もそこそこで、かなりおすすめ。

ニラやキャベツ、締めのちゃんぽん麺を買ってきて、自宅で本格もつ鍋を食べてみてください。

そして次回はもつ鍋以外の名物にしようと思っています。
牛タンとか・・・いいですね。

まとめ

体外受精の移植後はかなり安静にしていなくてはいけませんが、何もしないって辛いですよね。
ここで紹介した以外にも、パズルとかゲームも考えました。

コロナでの自粛もあるし、これが続くようだとペットでも飼った方がいいのかな。

みなさんはどうやって移植後の期間を過ごしていますか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました