妊活初心者

妊活情報

LH、E2、P4とは? 採卵までの推移を公開

LH、E2、P4とは? 採卵までの推移を公開 現在のクリニックでは採卵までの検診でFSHの他にLH、E2、P4という3つの数値を計測します。 これらの数値はどういった意味があるのでしょうか? FSHについてはこちら AMHが...
体験記

妊娠のために「タンパクオトメ」大量購入してみた

タンパクオトメというプロテインをご存知ですか? 不妊治療の栄養相談でタンパク質を摂るように言われてから、プロテインを飲んでいるんですが、そんなときに見つけたのがタンパクオトメ。かわいらしいパッケージに惹かれたんですが、女性のためのプロテインで、美容成分や妊活にいい成分も豊富に含まれています。実際に買ってみました。
妊活情報

わかってきたコロナの妊娠の関係

わかってきたコロナの妊娠の関係 緊急事態宣言も解除され、徐々にwithコロナの新しい生活が広まってきています。 そして、未知のウイルスだったコロナウイルスについても色々とわかってきました。 コロナ制圧タスクフォース 今回のブ...
病院情報

低AMHの私が立川ARTレディースクリニックに3ヶ月通ってみて

みずほレディースクリニック、いわもと婦人科クリニック、その次に転院先に選んだのは立川ARTレディースクリニック。3ヶ月しか通っていませんが、感想をまとめてみました。しっかりした病院で、いきなりかなりの検査を実施して効率的に治療を行うようです。料金や、人気病院ならではの待ち時間と対策、先生や看護師の対応も書いています。
体験記

【体験記】静脈内鎮静法麻酔による初めての採卵と受精卵凍結

転院後の初の採卵はロング法とショート法を組み合わせたアンタゴニスト法で卵胞を育てます。アンタゴニスト法は卵巣過剰刺激症候群(OHSS)になる可能性が低いそうで、最近は主流なようです。さらに採卵は静脈内鎮静法・静脈麻酔です。どちらも初めての経験ですが静脈麻酔は痛みも無く採卵の結果も良くなるみたいでおすすめです。
妊活情報

妊活におすすめのたんぱく質の効率的な取り方

不妊治療の栄養相談で言われたタンパク質不足。タンパク質は最も重要な栄養素にも関わらず、ビタミンや葉酸などに目が行きがちで疎かでした。実際計算してみると、一日70g以上は採りたいのに50g程度。これじゃダメだと思い、たんぱく質が多い食べ物を調べてみました。こういった食材やプロテインを使いたんぱくを効率的に摂取しましょう。
妊活情報

AMHが低かった AMHをあげるためにするべき3つの事

不妊治療を開始してAMHを調べたら0.1以下で閉経間近と言われました。ショックを受けたのもつかの間、すぐに体外受精に進みましたが、実はAMHは目安ではあるものの、低AMHが必ずしも閉経直前という訳ではないんです。最近の研究ではビタミンDや男性ホルモン、20歳以上でも年齢によってAMHが上がることもわかってきました。
妊活情報

AMHが低いと診断されたけどAMHって何? AMH1以下で5年経過

AMHの数値が0.1しかなく閉経間近と言われてスタートした体外受精。10回以上行っても妊娠せず転院して再度検査すると、AMHは0.8に上がっていました。誤差の範囲かもしれませんが、そもそもAMHって何?閉経間近と言われてすでに5年くらい経ちますが、それもそのはずAMHはあくまでも目安で妊娠しやすさには関係ないそうです。
体験記

地獄の激痛 2度目の卵管造影検査は予想よりも痛くなかった

数年前に不妊治療を開始してすぐに行った卵管造影検査。激痛で、検査中は絶叫。死ぬ思いをして、検査後は車椅子でした。そんな悪夢の卵管造影検査ですが、転院に伴い再度行うことに。今回は総合病院でなくクリニックでできたのと院長先生が施術してくれて、痛みが強いところで終了にしてくれたので、痛みは前回ほどではなかったですが・・・
妊活情報

コレステロールは妊活の大敵じゃない コレステロール摂取でAMHを高くする

不妊治療でAMHを高くするならコレステロール コレステロールというとなんとなく悪いもののような気がしますよね。 私も避けるようにしています。 しかし、実はコレステロールを高くすることが妊娠しやすくなるって知ってましたか。 コ...
タイトルとURLをコピーしました