病院情報

病院情報

低AMHの私が立川ARTレディースクリニックに3ヶ月通ってみて

みずほレディースクリニック、いわもと婦人科クリニック、その次に転院先に選んだのは立川ARTレディースクリニック。3ヶ月しか通っていませんが、感想をまとめてみました。しっかりした病院で、いきなりかなりの検査を実施して効率的に治療を行うようです。料金や、人気病院ならではの待ち時間と対策、先生や看護師の対応も書いています。
病院情報

武蔵境いわもと婦人科クリニックに2年間体外受精で通った感想

武蔵野市の武蔵境駅にあるいわもと婦人科クリニックに転院してから2年以上が経過。体外受精を続けてきたので、病院の口コミを書いてみました。駅から少し遠く、駐車場も無いクリニックですが、土日診療や20時と遅くまでやっていて、融通も利かせてくれるのでありがたいです。医師や看護師もやさしいですが、医師は一人なので大変そうでした。
病院情報

茨城県水戸市で最も安く不妊治療ができる病院まとめ

茨城県の県庁所在地である水戸市には県の特定不妊治療費助成事業を受けられる不妊治療クリニックが2つあります。また、水戸市は市独自での不妊治療に対する助成を実施しています。そんな水戸市で不妊治療をするのにおすすめの病院を紹介。病院独自の取り組みや体外受精や顕微授精などの高度生殖医療の取り扱いなどを調べました。
体験記

【不妊治療体験記】新型コロナでも不妊治療を続けるか?

世間を騒がせる新型コロナウイルス。外出自粛になり、営業停止の店舗もあるなか、不妊治療クリニックはほとんどが通常通りやってくれています。しかし、不妊治療に行くべきかどうか・・・悩んでいる人も多いはず。我が家はちょうど転院のタイミングだったので、新しい病院での治療を遅らせています。不妊治療を中断しました。
病院情報

コロナの渦中の不妊治療 緊急事態宣言でも通院できる

コロナウイルスによるニュースが連日話題になっています。東京都など都心部では感染者も増え、緊急事態宣言がだされました。一部の店舗や業種などは営業自粛になっていますが、不妊治療は継続できるのでしょうか。各病院の状況、日本生殖器学会からの発表、コロナウイルスと不妊治療のリスクなどをまとめ、コロナ蔓延中はどうすべきか考えます。
病院情報

山梨県で最も安く不妊治療ができる病院まとめ

山梨県には特定不妊治療費助成金を受けられる病院は4つしかありません。不妊治療に対応している病院も少ないですが、それでも地域に根差したクリニックや総合病院まで様々な病院があります。顕微授精の取り扱いや口コミ、体外受精の費用などを調べて、それぞれまとめてみました。山梨県でおすすめの不妊治療ができる病院を探してみてください。
妊活情報

体外受精を何度やっても妊娠しないあなたへ 何回で妊娠するのが普通 確率は?

体外受精を何度やっても妊娠しないと不安ですよね。体外受精での妊娠率は20%と言われていますが、採卵数や年齢により様々です。それぞれのステップごとに確率を計算してみました。また、どうすれば体外受精の成功率を上げられるのか、簡単にできる生活改善からSEET法や2段階移植法などについてまとめています。
病院情報

田無駅ユーザーが選ぶ西武新宿線沿線の不妊治療ができる病院、クリニック8選

西武新宿線に住んで不妊治療をしていましたが、治療のために通える病院が少なく苦労していました。産婦人科は多いのですが、体外受精まで見越し、長く不妊治療で通える病院が少なかったです。そんな経験を活かして、西武新宿線沿線や沿線からアクセスしやすい評判のいいクリニックをまとめてみました。西武線ユーザーは参考にしてください。
妊活情報

八王子市で3年間不妊治療をした私が、八王子での不妊治療について考えてみた

八王子在住で不妊治療を続けていますが、市内には体外受精ができるクリニックは1つのみ。特定不妊治療費助成金が受け取れるのもそこだけです。八王子ARTクリニックはいい病院ですが、混雑もすごいので八王子の妊活カップルは悩みどころ。そんな悩みや解決方、八王子で妊活を続けるためのおすすめスポットなどをご紹介。
男性不妊

男性不妊専門病院 おすすめの首都圏の男性不妊専門クリニック4選

不妊治療というとまだまだ女性がメイン、とうイメージが根強いです。しかし実際は半数が男性のも原因があります。男性不妊を専門に取り扱う病院や男性不妊専門のドクターはまだまだ少なく、レディースクリニックや泌尿器科でその都度男性不妊の治療をやっている状況です。ここでは、首都圏の数少ない男性不妊専門クリニックをご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました