節約術

病院情報

茨城県水戸市で最も安く不妊治療ができる病院まとめ

茨城県の県庁所在地である水戸市には県の特定不妊治療費助成事業を受けられる不妊治療クリニックが2つあります。また、水戸市は市独自での不妊治療に対する助成を実施しています。そんな水戸市で不妊治療をするのにおすすめの病院を紹介。病院独自の取り組みや体外受精や顕微授精などの高度生殖医療の取り扱いなどを調べました。
妊活情報

妊活夫婦の老後資金はいくら必要? 貯金額の目安は? 不妊治療にはいくらかけられるか?

不妊治療とお金は切っても切れない話。若いうちの方が妊娠しやすいけれど、若いうちは貯金も無くて不安。実際に、老後の費用としていくら必要なのか? そのためには、今いくらの貯金が必要なのか? そして不妊治療にはいくら使って平気なのか? 色々なデータや実体験をもとに試算し考えてみました。妊活夫婦は参考にしてみてください。
妊活情報

不妊治療と保険診療について 体外受精が保険適用外の自費診療なのはなぜ?

人工授精や体外受精などの不妊治療では時間的・精神的な辛さがありますが、金銭的な辛さも大きいですよね。子供が欲しい世代は総じて若く、収入も多くないはず。しかし、不妊治療のほとんどが国の医療保険適用外で高額な医療費がかかります。なぜ、不妊治療は保険適用外なのか、今後は適用になるのか、治療費を節約するコツ等をご紹介。
妊活情報

8%から10%への消費税増税で不妊治療費や助成金はどうなる? 節約術も合わせてご紹介

いよいよ増税が迫ってきました。妊活夫婦にとって、気になるのは治療費への影響。体外受精などの不妊治療への増税の影響や、増税により特定治療助成金がどうなるか、増税をお得に乗り切る方法など、妊活カップルに有益な情報をまとめました。キャッシュレスによる還元や軽減税率、増税還元セールを使って、不妊治療で厳しい家計を守りましょう。
体験記

【不妊治療体験記】8回目の体外受精は高刺激法 結果とその後

低AMHは高刺激法はあまり適していません。病院でそう言われて、ずっと低刺激法で治療していましたが、8回目の体外受精で初の高刺激法にチャレンジ。人によって合う合わないがあるようで、挑戦する価値はあるみたい。結果は効果はあったのですが、様々なデメリットもあって、高刺激法はとりあえずもうやらないかな、って感じです。
病院情報

横浜市で最も安く不妊治療ができる病院まとめ

日本一の人口を誇る市町村である横浜市で、もっともおすすめの不妊治療クリニックを調べてみました。アクセスの良さや受付時間など仕事帰りにも通いやすいところ。体外受精費用がもっとも安い病院。口コミの評価などを比較しました。横浜市内には18のクリニックがあり、それぞれ特徴がありますが、治療費最安値など、気になる情報を公開。
妊活情報

格安スマホの楽天モバイルを使ってみた感想 ~妊活費用捻出のための節約術~

お金がかかる不妊治療費を捻出しようと通信費を削減するためにDocomoから格安SIMの楽天モバイルへキャリア変更。これが大当たり。以前よりもパケット量を気にせず使える、ほぼ使い放題でノートパソコンでのテザリングもガンガンやっています。さらに月々の携帯代が5000円以上安くなった。そんな楽天モバイルのレビューです。
妊活情報

不妊治療中に家を買うなら戸建よりもマンションがベストな4つの理由

不妊治療中に家を買いました。やはり、子供ができるかどうかわからないこともあり、とっても迷いました。一級建築士資格を保持しているにもかかわらずです。私達の結論は、不妊治療中に家を買うならマンションがベスト、戸建てはやめておこうとなりました。土地によっても違うかもしれませんが、そう考えた理由を説明します。
病院情報

東京で最も安く不妊治療ができる病院まとめ 多摩地区編

体外受精が最もやすい都内の病院を調べました。不妊治療はお金がかかる、体外受精や各種検査、通院での交通費。さらに仕事に支障がでてきたら収入も減る。妊活夫婦のために都内の不妊治療クリニックでどこが一番安いのか調べてリストにまとめてみました。今回は多摩地区編ですが23区編もあります。体外受精最安値。
妊活情報

不妊治療の最初のハードル「自己注射」のコツ お腹・お尻への注射での注意点と痛くない方法

不妊治療を続けて体外受精などを行うと、ハードルになってくるのは自己注射ですよね。素人がセルフで注射する際の注意点や、なぜ自己注射が必要なのか、メリットやデメリットを解説しています。体験談や失敗談をもとに写真付きで自己注射の手順も解説。自己注射に対する不安を少しでも解消してください。
タイトルとURLをコピーしました