精液検査

体験記

保育園の運動会直前 採卵の結果を聞きに行った

保育園の運動会が迫り仕事があわただしくなってきました。そうなる前に採卵できてほんとによかった・・・ 採卵後の受精確認に行くと、3つ採れた卵子の状態や精液検査の結果などを教えてくれました。やはり、事前の検診では卵胞は2つと言われていたので、3つのうちの1つは未成熟卵。なんとか育てようと培養してくれたみたいですが・・・
男性不妊

乏精子症・精子無力症・奇形精子症を改善するためにできる3つのこと

何度も精液検査をして異常が無かったから安心していたら、突然突き付けられた乏精子症・精子無力症・奇形精子症。改善するために病院から言われたのは漢方の八味地黄丸の服用、ボクサーパンツの禁止、たんぱく質の大量摂取でした。さらに、抗酸化作用のあるビタミンや亜鉛、リコピンの摂取などにも取り組み、精液検査の結果改善を目指します。
体験記

3回目の精液検査で突然異常が発覚 乏精子症・精子無力症・奇形精子症で男性不妊の可能性

過去の不妊治療で何度かやった精液検査。転院して新しい病院で検査したら、なんと乏精子症・精子無力症・奇形精子症と診断されました。過去の検査ではまったく異常が無く、体外受精時にも毎回精液所見は見ていたのに、急にこんなに悪化することがあるのでしょうか? 思い当たるのはコロナ自粛によう運動不足とたんぱく質不足。はたして原因は
体験記

地獄の激痛 2度目の卵管造影検査は予想よりも痛くなかった

数年前に不妊治療を開始してすぐに行った卵管造影検査。激痛で、検査中は絶叫。死ぬ思いをして、検査後は車椅子でした。そんな悪夢の卵管造影検査ですが、転院に伴い再度行うことに。今回は総合病院でなくクリニックでできたのと院長先生が施術してくれて、痛みが強いところで終了にしてくれたので、痛みは前回ほどではなかったですが・・・
体験記

【体験記】いよいよ不妊治療再開で通院開始 初診検査費用10万円

中断していた不妊治療を再開。さっそく初診に行ってきました。まずは問診や血液検査をやり、さっそく子宮頸がんの検査や精液検査も実施。前の病院の検査結果を持って行っても省略できる検査は少なく、費用も初診でいきなり10万円。まだまだコロナの影響もあるのに病院も混雑していましたが、とりあえず病院も先生も看護師も良さそうでした。
男性不妊

男の不妊治療 男性不妊のステップアップの仕方を紹介

不妊治療はステップアップしていく治療。では、ステップアップの順番はどうなのか? 女性が主体の場合は色々と説明されていますが、男性不妊の場合のステップアップの仕方は詳しく書かれていませんよね。男性は、各治療のステップで何を行うのか、どういう順番でステップアップするのかをまとめてみました。男性不妊も増えているので参考に。
体験記

【不妊治療体験記】男性不妊の遺伝子検査、精子DNA断片化検査をやってきました

男性不妊の原因の一つとされる精子の質の低下。この精子の質を調べるのが精液検査だと思っている人も多いかもしれませんが、実は精液検査だけでは不十分なんです。精液検査ではわからないDNAレベルでの精子の質の検査は精子DNA断片化検査でしか調べられません。と言うことで、精子DNA断片化検査を受けてきて、結果も出ました。
男性不妊

男性不妊の検査の新常識 精子DNA断片化検査とは

精子DNA断片化検査をご存じですか? 高度な精子の検査の一つです。不妊治療で精液検査をするのは一般的になりましたが、精子量や運動率くらいしかわからず、DNAレベルで問題がある場合は放置されてしまいます。結果、受精卵が育たず、3日目や5日目胚盤胞にならないことが増えたり、着床後の流産が増え、府に治療が長引くそうです。
男性不妊

男の不妊治療 妊活や不妊治療における男性の役割

不妊は女性の問題。いまだにこういった考えの人は少なくないと思います。少しでも妊娠率を上げるためには、男性も妊活に積極的に取り組む必要があります。男性起因の不妊症が約50%もあります。検査や治療にも積極的に関わり、家庭のことや金銭面、精神面でサポートすることが大切です。具体的にどうするのか、アンケート結果を基に考えます。
男性不妊

妊活初心者が始めに読むブログ 禁煙・禁酒・独身・男の妊活

私たちは26歳から妊活を始めました。厚生労働省の調査によると、不妊治療の開始年齢は平均で33歳だそうです。実際には、何歳から妊活を始めるのがベストなのか、体験談をものに考えてみました。また、いざ妊活を始めたらなにからやるのか?男性はどんなことをするの?禁酒や禁煙は?またまた独身の人はどうするの?といった疑問を解決。
タイトルとURLをコピーしました