サプリ

妊活情報

不妊治療でもらったサプリ コエンザイムQ10とメラトニンの妊活への効果

不妊治療の最初の診察でコエンザイムQ10とメラトニンのサプリをもらいました。コエンザイムQ10は美容関係でも聞いたことがありますが、メラトニン?調べてみるとどちらも抗酸化作用が妊娠に効果的のようです。とくにメラトニンは胚の成長や卵胞を酸化ストレスから守ります。どちらも食事からは大量に摂取できないので、サプリがおすすめ。
体験記

【体験記】いよいよ不妊治療再開で通院開始 初診検査費用10万円

中断していた不妊治療を再開。さっそく初診に行ってきました。まずは問診や血液検査をやり、さっそく子宮頸がんの検査や精液検査も実施。前の病院の検査結果を持って行っても省略できる検査は少なく、費用も初診でいきなり10万円。まだまだコロナの影響もあるのに病院も混雑していましたが、とりあえず病院も先生も看護師も良さそうでした。
妊活情報

妊活におすすめされる葉酸の効果 妊娠しやすくなるの?

妊活中や不妊治療をしている人は葉酸がおすすめって良く聞きませんか? 私もサプリを飲んでいて、葉酸を摂れば妊娠しやすくなるって思ってました。間違いではないかもしれませんが、実は葉酸を摂る理由は妊娠しやすくするためではなく、妊娠後のことを考えてなんです。そんな葉酸の効果と、おすすめの食材や正しい摂り方をご紹介。
妊活情報

不妊治療にもおすすめ、プラセンタで妊娠しやすい身体になる

プラセンタで不妊治療が成功しやすくなる 最近よく聞くプラセンタ 何かと話題になりますが、不妊治療や妊活の現場でもよく耳にします。 そんなプラセンタについて、ほんとうに妊娠しやすくなるのか、調べてみました。 プラセンタとは 妊...
妊活情報

不妊治療は体外受精だけじゃない、病院に行かないでもできる効果的な妊活

妊活夫婦でもなかなか子供ができないと不安ですよね。特に病院で行う不妊治療は卵管造影などの検査や体外受精などちょっと重いイメージで、病院に行くのは勇気がいります。そんな人向けに、病院に行かないでも自宅や近所の医院で手軽にできる妊活もたくさんあります。東洋医学の薬膳・漢方や鍼灸、温泉療法や整体、運動、転地療法などをご紹介。
体験記

【不妊治療体験記】低AMHでも子宮内膜が5mm厚くなった、意外な方法

低AMHの私が意外な方法で子宮内膜を厚くした 相変わらず体外受精ではうまく結果がでず、とうとう10回目の体外受精に突入したんですが、それでも着実に進歩しています。 とくに効果が出ていると感じるのが、内膜が厚くなっているという点 ...
体験記

【不妊治療体験記】9回目の体外受精 グローミンの効果と運命の分かれ道

いよいよ9回目の体外受精。事前のエコーでは2個の卵胞を確認できましたが、そこからは運命のいたずらでまさかの結末に。ちょっとした日々の選択が治療の結果を変えるんですね。今回からグローミンという男性ホルモン剤を塗っています。グローミンは購入が難しいので、安く購入する方法をご紹介。そして、今回ダメなら胚盤胞を凍結することに。
体験記

【不妊治療体験記】9回目の体外受精へ向けて、新兵器「グローミン」を塗ってみた効果

高刺激法による8回目の体外受精が終了。高刺激法は一定の効果はありました。9回目の体外受精へ向けての治療が早くもスタートしましたが、先生から勧められて男性ホルモン剤のグローミンという塗薬を使用しています。卵子の質の向上や卵巣機能回復、塗った部分に毛が生えるなど、まだまだグローミンの効果は未知数。毎日欠かさず塗っています。
体験記

【不妊治療体験記】中断明け6回目の体外受精と不妊治療薬の服用そして再検査

数ヵ月の休憩を経て再び不妊治療再開。6回目の体外受精ではつのピルの処方。副作用が強いと噂のピルを飲んでみると・・・。夫婦で飲む新しい薬ビブラマイシンとは? いざ採卵してみると低AMHなのに、驚きの効果が。やはりピルの効果? グレード4の胚は妊娠確率はどのくらい?
体験記

【不妊治療体験記】低AMHなのに5回目の体外受精で内膜が急成長。一体何が・・・?

とうとう5回目の体外受精。不妊治療に2年間もかかるとは思ってなかった。仕事の両立が難しくなり、転職をすることに。保育士をしながら不妊治療と仕事の両立をしている人はほんとうにすごいと思います。そして体外受精では採卵はできたものの内膜が薄い、5mm。しかし、ある取り組みで短期間で9mm以上に急成長。
タイトルとURLをコピーしました