東京で女医さんに対応してもらえる不妊治療病院10ヶ所まとめ


不妊治療での医師について

不妊治療を開始するときや、新しい病院に転院したときに気になるのはその病院の医師ですよね。

治療のやりかたももちろん、話やすいかとか、雰囲気とか。

不妊治療の場合、長い付き合いになることもあるので、担当してもらう医師は気になります。

 

私たちの場合

不妊治療を開始して5年

今まで3つの病院に通院しましたが、それぞれの病院で複数の医師の方に対応していただいていたりするので、診察を受けたお医者さんは6人くらいです。

20代から30代にかけて治療をしていたのですが、
20代だからまだまだ平気よ、という医師も居れば
20代でこの結果は焦ったほうがいい、という医師も居ました。

今の病院は一人の医師がずっと担当で見てくれるので、治療の経過とかはわかってくれていると思います。

しかし、先生との距離は近く感情的になりやすい面もあります。

とりあえず、先生の性格も好きですし、私は今の担当医師としばらく治療を続けていくことに不満はありません。

私たちの不妊治療体験記はこちら
不妊治療体験記まとめ

 

どんな医師がいいか?

これは本当に人それぞれですね。

もちろん、不妊治療に対する知識や治療の技術はあってもらわないとこまりますが・・・

まずは、自分が受けるべき不妊治療を得意な先生が一番でしょう。

次に、医師個人のことに目を向けていけばいいと思います。

  • 若い人の方が最新の知識がありそうでいい
  • 年配の人の方が治療中に恥ずかしくない
  • やっぱり女医さんが気持ちもわかってくれそう
  • 女性だとちょっと厳しい感じがするから男性がいい
  • とにかく結果にこだわる人
  • 身体のことを考えていたわってくれる人
  • スパルタで体育会系の人
  • おもしろおかしく、治療中も和ませてくれる人

もはや好き嫌いの世界ですが、長く辛い治療です。
一緒に頑張れる人が担当医師の方がいいですよね。

もちろん、なるべく事務的に、毎回違う医師に見てもらいたいという考えもあると思います。

セカンドオピニオン的に複数の人に診察してもらうことはいいことですしね。

 

やっぱり人気の女医

不妊治療はどうしても妻の通院が多くなります。

そして、治療の内容も女性のデリケートな話が多いです。

生理の話やおりものの話なんかは当たり前だし、股を開いての検診も多いです。

当然、恥ずかしいですよね。

そうなると、男性医師よりも女性医師、女医の方がいいと思っている人は多いみたいです。

ですが、ドクターはまだまだ男性が多いのも現実。

ここでは、都内で女医さんに診てもらえる病院を10ヶ所ご紹介しますので、参考にしてください。

どこも、不妊治療助成金を受けられる指定医療機関で調べています。

不妊治療助成金についてはこちら
不妊治療への助成金を分かり易く説明 実際にもらってみた【2019年版】

 

女医に診てもらえる病院(23区)

まずは、23区編

 

いわきたえこレディースクリニック

公式HP

港区新橋にあるレディースクリニックです。

JR新橋駅はもちろん、内幸町駅や日比谷駅、霞ヶ関の駅からも近いです。

30年間、不妊治療とホルモンに関わってきた女性医師が院長をしています。

女性医師による女性のためのクリニックをモットーに信頼関係を大切にして治療をしているそうです。

 

はるねクリニック銀座

公式HP

中央区銀座のクリニックです。

こちらのクリニックはなんとスタッフ全員女性です。

医師の方はもちろん、受付などのスタッフも全員女性なので、男性のスタッフがいると不安な方は安心して診察を受けられますね。

看護士による無料の相談会や、漢方外来なんかもあります。

 

秋葉原ART Clinic

公式HP

台東区秋葉原にある秋葉原ART Clinicです。

院長は中国出身の女性の方です。
もちろん、日本の大学に留学して、日本の医師免許も持っています。

院長先生以外に、男女一名づつの医師が在籍しています。

施設もきれいで、顕微授精などの高度生殖医療から不妊ドックまでやっています。

ただ、診療時間が16時半までと短いです。

 

はなおかIVFクリニック品川

公式HP

品川区大崎にあるクリニックです。
大崎駅徒歩1分と、かなり駅近な立地です。
何度も通院する不妊治療では、病院が駅から近いのはありがたいですね。

理事長、院長をはじめ、複数の医師が在院していますが、女性の割合がかなり高いです。

まず、理事長は女性の方です。15年間も生殖医療に携わってきています。

院長は男性ですが、そのほかは男性医師が1名、女性医師が4名と、女医さんの割合はかなり高いです。

しかも、1名の男性医師は男性診察担当となっているみたいです。

 

はなおかレディースクリニック

公式HP

先ほどの、はなおかIVFクリニック品川と同じ医療法人が経営しています。
理事長も同じです。

こちらは品川区南大井、大森駅の近くにあります。

女性医師を中心とした婦人科というコンセプトで、院長は男性ですが、その他のドクターは5名すべて女性になっています。

キッズスペースもあり、子育て中のママさんが二人目のための治療で来院しても安心です。

 

うつみやす子レディースクリニック

公式HP

新宿区西新宿にあるレディースクリニックです。

大きな病院ではありませんが、ART登録施設として承認されています。

女性の院長が一人で診察しているため、なかなか予約は取りづらいかもしれませんが、人気のクリニックです。

新宿駅、西武新宿駅から近いこじんまりとしたクリニックです。

 

ローズレディースクリニック

公式HP

本院とセカンドという二つのクリニックがあります。

低AMHの治療が得意ということで、私も紹介していただき、本院のほうに通院しました。

女性医師中心で診察に当たっているのはセカンドのほうです。

世田谷区等々力にあります。東急大井町線の尾山台駅から徒歩1分です。

不妊治療以外にも一般の婦人科診療も対応しており、高度な治療が必要な場合は本院と連携しながら治療を行ってくれるようです。

医師は本院とセカンドを掛け持ちとなっており、男女共に4名づつくらいいますが、ホームページに担当表が公開されているので、女性医師が希望の場合は狙って行くと良いでしょう。

月によりますが、本館は2割、セカンドは7割くらいの確立で女医さんみたいです。

 

女医に診てもらえる病院(多摩地区)

お次は多摩地区で女医に診察してもらえる病院になります。

 

池下レディースクリニック吉祥寺

公式HP

吉祥寺にあるクリニックです。

吉祥寺育ち、吉祥寺在住の女性院長先生のクリニックです。

基本的には院長先生が対応してくれるようですが、非常勤の医師も3名いて、その内二名は男性になります。週に一度だけ不妊外来でも院長ではなく男性医師の日があるようですが、その他の日は女医さんがいるようです。

 

みむろウィメンズクリニック

公式HP

町田市にある完全予約制のクリニックです。

院長先生は男性ですが、その他の医師は5名いて、女性医師は3名です。

クリニック恐怖症の方へも優しく対応しており、事前に女性医師を希望すれば対応してくれる可能性は高そうです。

女性の専門薬剤師もいて、漢方相談も受け付けています。

 

青空レディースクリニック

公式HP

八王子にあるレディースクリニックです。八王子駅徒歩2分と好立地です。

女性のこころとからだの健康をサポートすることをモットーに、女性医師が診察に当たってくれます。

一般的な治療だけでなく、漢方や鍼灸、運動療法や瞑想法なども取り入れており、からだとこころ全部を使って治療に取り組んでいるそうです。

心理カウンセラーなども含め、すべて女性医師が対応してくれるのは、女医を希望している方には心強いですね。

 

まとめ

どうでしたか?

女性スタッフオンリーの病院から、女性院長が一人で切り盛りするクリニックまで紹介してきました。

各医院の在籍ドクターは変わる場合もあるので、あくまで参考程度にしてもらえればと思います。

やっぱり、できるなら女性の方に診てもらいたいという方の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました