【不妊治療体験記】低AMHなのに5回目の体外受精で内膜が急成長。一体何が・・・?


すぐに結果がでると思っていた不妊治療。

なんだかんだ、治療でできるか、治療の合間に自然妊娠するのでは?
と、思っていましたが、とうとう5回目の体外受精まで行うことになりました。

不妊治療開始から2年くらいです。

前回の記録はこちら
4回目の体外受精で初 受精しない確立は?

5回目の体外受精までに

とうとう5回目の体外受精まできましたが、実は4回目と5回目の間に転職しています。

 

不妊治療と転職活動

前回の4回目の体外受精の体験記に書きましたが、私は3月に退職しました。

理由は、やはり不妊治療をしながら仕事を続けることが難しかったことと、最初は不妊治療で休みがちになることに職場の理解もあったのですが、毎月休んで成果もでないうちに、徐々に意識が変わってきて、休みを取りづらくなってきたからです。

おそらく、不妊治療をしながら働く女性はみんな同じ悩みだと思います。

不妊治療と仕事の両立は本当に難しいですよね。

厚生労働省の企業・労働者へのアンケートでは

  • 不妊治療と仕事の両立ができずに離職した経験がある人は16%
  • 不妊治療中の従業員に対する支援制度や取り組みがある企業は9%
  • 不妊治療と仕事の両立が難しいと感じている人は80%以上

やはり悩んでいる人は多く、対策がしっかりとられているとは言えない状況です。

しかし、そんななかでも、会社独自の取り組みで不妊治療を理由に最長1年までの休暇が取れたり、失効した有給休暇を積み立てて不妊治療に充てたりできる休暇制度がある企業や、合計60万円までの補助金の交付、テレワークフレックス制度を利用できる企業も少ないながらあります。

悩んでいる場合には国に、仕事と不妊治療の両立に悩む人たちのための相談窓口があるので活用するのもいいでしょう。
不妊専門相談センター事業の概要

 

私の仕事 保育士で不妊治療

私の仕事は保育の現場で働いていました。

保育士不足が騒がれるように、私の職場でも正規職員の保育士は足りなく、有給はほぼ使えず、夏休みを何とか取っている現状でした。

こんな状況で不妊治療をしていることを上司に告白し、なんとか休みをもらっていたのですが、不妊治療の通院はタイミングが本当に読めなくて、周りのサポートなしにはできません。

同僚は気を使ってくれているのですが、徐々にそれも辛く思えるようになってきて。

一度、保育の仕事から離れてみたかったこともあり、退職を決意しました。

 

不妊治療中の転職活動

退職後は不妊治療をしながら転職活動をしました。

最初の半月くらいは、しばしのお休みを取って海外旅行へ。息抜きも必要ですよね。

 

再就職と不妊治療のタイミング

そして、転職活動の成果もあり、5月の中旬から新しい職場で働くことになりました。
契約社員というかたちで、人生初めての保育以外のお仕事です。

そこで、今回の体外受精をどうするか迷いました。

新しい仕事を始めてすぐ休むのは気が引けるし。
(そもそも不妊治療のことは新しい職場には話していないので・・・)

まさかの妊娠したら、すぐに報告するのもまた気まずい。

う~ん。

悩んだ結果、もし妊娠したらそれはそれで嬉しいことなので、頑張って職場に言おうと。
それに、6ヶ月契約で働いているので出産までは働けるだろうと・・・

治療の流れ的にも、採卵・移植と5月前半で終わりそうだったので再就職してすぐに仕事を休み心配もあまりなさそうでした。

と、言うことで5月も体外受精に挑戦することに。

 

5回目の体外受精

今回も、低刺激法で体外受精を行います。

育った卵胞は2つ。

それは、低AMHなので仕方ないとして

低AMH:アンチミューラリアンホルモン(または抗ミュラー管ホルモン)が少ない、卵巣予備機能・卵巣年齢が良くないということで残っている卵子が少ない場合がある
低AMHの診察のときの体験記はこちら
【不妊治療体験記】初めての体外受精と低AMHに適した治療法

 

問題だったのが、薄すぎる内膜・・・

毎回内膜の薄さは指摘されています。

私は卵胞の育ちが早く、D10でもう21mmとかになってしまいます。

でも、その時点での内膜は5.2mm

卵胞と内膜の育ち具合がずれているみたいです。

結局、卵胞的には、すぐに採卵しないと排卵してしまうらしくD11での採卵に。

あとは、移植までに内膜を厚くして受精卵を迎え入れる準備をしないといけません。

 

内膜を育てる

豆乳・高野豆腐・アボカドなど、内膜にいいといわれるものはいろいろとためしました。

あとは、今周期、初めてマカを飲みはじめたんです。

 

マカの効果

マカは近年よく耳にするスーパーフードですね。

南米ペルーのアンデス地方原産の植物です。

マカには多くのアミノ酸やアルギニンが含まれています。

マカは成長ホルモンの分泌を促し、代謝をアップさせて疲労回復やダイエット、そして美肌作りなどにも役立ちます。

そして、妊活に対する効果は、血流をよくする働きがあるので、冷え性改善に効果的。

生殖機能を高める亜鉛や、女性に不足しがちな鉄分やカルシウムも豊富です。

その他にも、抗酸化作用のあるアントシアニンやサポニンなどもあり、不妊には最適な成分が多く含まれています。

滋養強壮やEDの予防・改善にも効果が期待できることから、男性向けのサプリメントとして販売されていることが多いですね。夫婦で飲むのも効果的でしょう。

しかし、そんなマカですが、人によっては体質に合わずにいい結果がでなかったり、生理不順になってしまったりと、合う合わないがあるようです。
そのため、今まではマカのサプリは飲んでいなかったのですが、今回飲んでみました。

 

マカのサプリを飲んでみて

実際に今回の治療周期ではマカのサプリを飲んでみました。

結果は・・・

採卵当日の内膜が奇跡の9.2mm

マカのサプリとの因果関係ははっきりとはわかりませんが、これまでの頑張りが間違ってはいなかったのだと思います。

そして、採卵でも無事に2つのたまごが採れました。

今周期から、移植時に2つ戻せる(年齢的に、2回まではひとつしか戻せないそうです)ので
妊娠が期待できそうですね。

 

5回目の体外受精の結果

採卵し、次の日の受精確認に行きます。

結果は、正常受精はひとつ。

せっかく今回の治療から2つの受精卵を戻せるのに、戻すための受精卵は2つも無いという・・・

それでも、ひとつでも受精してくれたので、そのたまごを信じて移植を待ちました。

移植当日、たまごは8分割のグレード2。

先生に、キレイな卵だと、また褒めてもらえました。

採卵は、痛いし気持ち悪いし辛いけど、移植はワクワク感があるのもあって、痛みはほぼなし
初めにお湯で、膣内をゴシゴシ洗われるのだけが苦痛ですが。

 

今回は、移植後に、新しい仕事がスタートして、研修が始まりました。
なので、研修の休憩時間にはコソコソとトイレで膣座薬をいれていました。

今回はET2(移植日がET0)に、ものすごい眠気に襲われましたが、それ以外は特に症状はなく、今回もだめそうだな、と思いつつ、注射と座薬だけは頑張りました。

移植から、2週間ちょっとたった月曜日が判定日だったのですが、その前の土日に、待ちに待った八ヶ岳の赤岳登山を予定していたので、早めにフライング検査をしました。

結果は陰性

いつも判定日は、ずーーーんと悲しい気持ちになるのですが、このときは、意外と大丈夫でした。

赤岳でお酒飲めるな、とか
新しい職場での歓迎会でお酒飲めるな、とか

いろいろ楽しい予定があったからかもしれないです。
やっぱり、妊活オンリーの生活にならずに、好きなことを楽しむのも大事だなと思いました。

まぁ、とはいってもショックでしたけどね。
いったい何がいけないんだろう・・・・

とりあえず、楽しみにしていた赤岳(赤岳鉱泉泊)にも行けたし、職場の歓迎会も楽しめたのでよかったですが。

 

今後のこと

次の体外受精ですが・・・

新しい職場で休めないこともあり、一度、見送ることにしました。

自然妊娠だって、まだ可能性はあると信じてますしね。

体外の注射も薬もないので、身体が元気です。

 

まとめ

不妊治療と仕事の両立は不妊治療中の女性には本当に難しい悩みになります。

私たちの体験を参考に少しでも気持ちが楽になればと思います。

マカのサプリは、ネット上にはいい話もあれば良くない話もあって、ちょっと不安ですよね。
私たちは勇気を出して試してみましたが・・・
気になる方は一度試してみてはどうでしょうか?

今回、私たちが飲んだのはこのサプリ

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました